言葉と漢字の選択のまとめ

   

こんな時にはどちらの言葉や漢字がふさわしい?

ブロガーさんお役立ち。

発信する時に迷う言葉や漢字の選び方をまとめました。

読書

目次~言葉と漢字の選択~

不定期更新です。
順次追加していきます。

* 「お裾分け」は失礼?「お福分け」との違いとは?

謙譲の意味もある「お裾分け」とおめでたい時の「お福分け」。
実際の使い方はケースバイケースです。

* 「ませ」と「まし」の違い?ビジネスメールもOK?

文法的には正しくビジネスメールにも使われています。
お相手・状況によって使い分けるのが吉。

* 「舞う」と「踊る」の違いとは?

水平方向と「舞」と上下方向もある「踊」。
あわせて「舞踊」と「舞踏」の違いも解説しました。

* 「暮らし」と「生活」どちらを使いたい?

「暮らし」には時が過ぎていく意味もあるんです。

* 「凛々しい」ラ行の語感

大和言葉にはラ行なし。
「身が引き締まる」「賢い」「頼もしい」「集中している」
など豊かな意味を持ちます。

* 7周年と7年目はどう数える?

本来の意味は物事が始まってから丸1年経つこと。
広義には〇周年になる年の間にイベントなどで使われています。

* 「ふんわり」の空気感

「ふわ」の柔らかさ、浮遊感をじっくりと味わえる言葉です。

* 「初心忘るべからず」と「初心忘るるべからず」

Web上でもよく見かける表記ですね。
「初心忘るべからず」が正しい!

* 「嬉しいです」のオトナの言い方

嬉しい気持ちをオトナらしく表現するには?
「嬉しく思います」・「嬉しい」+名詞などの工夫を。

* 「おもう」の漢字に込められたもの

訓読み「想い」は常用漢字ではありません。
一般的には「思い」・イメージには「想い」を選択。

* 「お勧め」「お薦め」「お奨め」どう使い分ける?

一般的には「お薦め」がよく使われています。
行動を促す時には「お勧め」を。

* 「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?

全部網羅するのが常用漢字の「喜び」。
ニュアンスで4通りの使い分けができます。

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - 言葉と漢字の選択