「20歳の自分に受けさせたい文章講義」 古賀 史健 著

   

現役ライターさんが若いライターさんに読ませたい文章講義って、
どんな切り口なんでしょう。
対象の20歳でなくてもいいでしょうか。
興味津々で読み始めました。

今までよく読んできた作家さん系の文章読本、
ライターさんのマニュアル的な書き方本とも異なりました。
具体的で自分でも実用化しやすい本です。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」 古賀 史健 著

 

タイトル:20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)著者:古賀 史健
出版社: 星海社親書
出版年:2011年1月
分類:文章・文体・作文

個人的エッセンス

  1. 話すことと書くことは全く別の行為
  2. 素人だからこそ、得た情報を素人にわかる様に翻訳できる。
  3. 感想文には整理・再構築・アウトプット能力が要る。
  4. 文体とはリズムである。リズムとは論理の展開である。接続詞を意識して使う。
  5. 断定はハイリスク&ハイリターン。断定の前後はしっかりとした論理で固める。
  6. 論理的な文章とは、伝えたい主張とその理由を客観的な事実で支える。
  7. 読者を説得するのではなく納得させる。(引くアプローチ
  8. 理解が浅いとウソが出る。わかったことだけ書く。
  9. 文章とは答えではなく、そこに至るまでのプロセス
  10. リード文は映画の予告編。推敲は映画の編集

読み終えて

文章を仕事にする人でなくても、メールやSNSなど書いて伝える機会は増えています。
また、たとえ口下手であっても、書くことで気持ちを伝えることができます。
業種や職種に関係なく、文章力は生涯にわたって身を助けてくれる武器
という著者の考えに賛同しました。

またブロガーさんなら、書くプロセスを経ることで対象への理解が深まることは、
実感されているのではないでしょうか。

2011年発行の書籍でアマゾンで見るとベストセラーになっていました。
納得の1冊ですね。
小手先の技術ではなくて、
伝わる文章の構築を論理的に理解したい、と願う方にオススメします。

関連リンク

タイトル:20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)著者:古賀 史健
出版社: 星海社親書
出版年:2011年1月
分類:文章・文体・作文

 - ブログ文章作法, ライターの本棚