トップモデルの「美の法則」を読む

   

ファッション業界には縁遠く暮らしております。

今日ご紹介の本は、美的インテリジェンスを持つ方に紹介された本です。

著者のトップモデルさんを知ったのもここ1年位です。
先入観なしで読ませていただきました。

シンプルイズベストと言いながら最小限のお手入れで済ませていますが・・・。
どんな学びがあるのでしょうか。


それでは早速、中身を見ていきましょう。

「美の法則」富永 愛 著

冨永愛 美の法則

著者:富永 愛
出版社: ダイヤモンド社
出版年:2020年3月
分類:理容美容

個人的エッセンス 10

  1. 美しさの本質を追求すると「今をどう生きているか」という問いにたどり着く
  2. 美の基本軸はバランス
  3. リアルクローズ(日常生活での衣服)
    魂を込めて作った服は人がまとうことによって命が吹き込まれる
    新しい自分を発見できる服もある
  4. 人生の豊かさ、社会への誠実を表す言葉としての「ラグジュアリー」
  5. 年齢なりの基本ルーティンをアップデートしながら継続していく
  6. モデルウオーキングは腰を痛めるので真似ないで
    利き足と逆の足を意識して大股にすることでバランスを取る
  7. 美容マイルールは夜に1時間半のルーティン
    縛られている感がないのは習慣化しているから
    セルフメンテナンスは基本の継続
  8. 「体においしい」を基準にした食事
  9. 「チャンスは掴むものだ。
    でもそのチャンスが来たときに、掴める自分でいないと、チャンスは逃げる」(好きな言葉)
  10. 本物の表現者は自分との対話を繰り返していく

読み終えて

毎日のセルフケア習慣について、使っている製品を紹介するのではありません。
冨永愛個人のルーティンが、シンプルに文字のみで書かれています。

自分の美を磨くのは体との対話、百人いれば百通りの方法があるという
彼女の信念を感じました。

美は移ろいゆくもの、変化していくことの美しさ。

かけ離れた場所にいる人の本なのにこんなに共感するとは。
昔の自分にしがみつかない潔さを、トップモデルが語るのは新鮮でしたね。

単純なハウツー本ではなく自己啓発本のような。

トップモデル本人の声が聞こえてくるようなストレートな本でした。

世界にひとりだけの自分を肯定し好きになっていく。
ぜひ、ご一読いただきたい本です。

関連データ

1.本日ご紹介した本

冨永愛 美の法則

 

2.エレガンスのお手本

中には少々年代を感じる記載もありますが
エレガンスの本質は変わらないもの。
読むだけでもエレガントな気分に

シンプルエレガンス

 

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - ライターの本棚