ナタリー式トレーニング「新しい文章力の教室」を読む

   

本日ご紹介の本は、ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」式文章読本です。

文章が好きだとか得意だからという理由ではなくて、書きたい対象がある思いがある。

ポップカルチャーへの熱い思いを持って入ってきた新人記者たちは、
いかにして記事を量産するまでに変貌していくのでしょうか。


ブロガーの記事作成のヒントがいっぱいありましたよ。

それでは早速中身を見ていきましょう。

「新しい文章力の教室」 唐木 元 著

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ」」

著者:唐木 元
出版社: 株式会社インプレス
出版年:2015年8月
分類:文章・文体・作文

個人的エッセンス 7

  1. 良い文章の目標を完読される文章に設定する。
  2. 完成イメージ・各パーツ・組み立て法を決めて書き始めるプラモデル方式
  3. 取材は現場だけではない。パーツを集める作業は全て取材と心得る。
  4. 単文・重文・複文の係り受けを意識してシンプル構造に。
  5. 最上表現や数字はキャッチーかつ事実誤認の地雷原
  6. 体言止めを最小限度にする理由は、読者の頭で補ってもらっているから。
    固有名詞をくどいぐらい繰り返すのも読者の頭を煩わせないため。
  7. 構造的な記述方法は、企画提案書(企画概要・企画意図・企画内容)にも応用できる。

読み終えて

ナタリー式トレーニングとは、本文を書き始める前に構造シートに書き出すこと。
長文記事を書く前には必須の作業ですね。

箇条書き、マインドマップなど何でもいいと思いますが、
やはり記事を書き始める前の習慣が、文章力の伸びに直結すると感じました。

ナタリーのメディアポリシーは「速い」「フラット」「ファン目線」だそうです。
個人のブログに置き換えるとどうなるでしょうか。
レビュー記事に公平性は不可欠です。
信頼性を意識した古びない記事執筆を目指したいですね。

内容を選り好みせず、読者に選んでもらう姿勢も参考になりました。

書きたい対象への熱意はあっても、思いが文章に変換できないとお悩みの方に最適の本です。

関連データ

1.本日ご紹介した本

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ」」

著者:唐木 元
出版社: 株式会社インプレス
出版年:2015年8月
分類:文章・文体・作文

 

2.こちらの本も実践的な本です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
「初心忘るべからず」と「初心忘るるべからず」どっちも使える?格言の周辺

世阿弥の有名な言葉「初心わするべからず」です。 年始に好きな格言としてもご紹介致 ...

5
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

6
フェイスリフト継続コース8回目で知った本音

20回受けると変化が定着すると言われています。 アクセス・ボディプロセスで1番人 ...

 - ライターの本棚