編集者のスキルを知る|才能に頼らない文章術の本

   

Web上で発信する機会は増えるばかりです。

自分メディアで発信したい方、必要に迫られて書く方のために。
これまでライティングスキルの本は、このサイトでも色々ご紹介してきました。

オススメ本まとめはコチラをご覧くださいね。
(参考記事:”文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ”

今回はちょっと視点を変えて、編集者の執筆された本をご紹介致します。

それでは早速、中身を見ていきましょう。

『「編集の文法チェックシート」でマスター才能に頼らない文章術』 上野郁江 著

『才能に頼らない文章術』

著者:上野郁江
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

出版年:2018年11月
分類:文章・文体・作文

個人的エッセンス 7

  1. 本づくりの6つのフェーズ:企画、取材、執筆、編集、校了、販売。
    取材・執筆に関わるのがライター、全てカバーしているのが編集者。
    帯やチラシのキャッチコピーも編集者の仕事である。
  2. 編集の4つのスキル:文章基礎力、文章表現力、文章構成力、メディアマインド
  3. 論理構造を破綻させない。
    帰納法:複数の具体的事実から一般的な結論を導く。
    演繹法:基本の三段論法。
  4. タイトル、サブタイトル、見出しの論理構造が成立しているかチェック。
  5. 記事には論理的構成と共感性の両方が必要。
  6. ロジカルライティング:MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)
    もれなくだぶりなくという意味。
  7. 刺さる文章とは、読者の視点や抽象度、理解度、経験値と合っていること

読み終えて

表記法などの文章基礎力から、文章表現、全体の構成と進んでいくので読みやすいです。
この本の構成自体が、わかりやすい1冊の本を作るお手本のように感じました。

メディアマインドの章では著者をはじめ、現役のWeb編集長の考え方を知ることができます。
透明性やクロスチェエクポジティブなインパクトなど、興味深いお話でした。

この本の著者も、そもそもは感性のおもむくままに文章を編集・執筆されてきたとは意外でした。
スキルは練習で身につけられることができるのですね。

感性重視で書いてきたブロガーさん、ライターさんにおすすめの1冊です。

関連データ

★本日ご紹介した本

『才能に頼らない文章術』

 

★関連本

これまでご紹介した文章術の本です。
オススメポイント別に★でご紹介しています。

(参考記事:”文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ”

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

仲良し 2
ヘアドネーションへの道を完走するまで

ヘアドネーションをご存じですか? 病気や事故により髪を失った18歳以下の子どもた ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
アクセスフェイスリフト実体験&ご感想まとめ

心と身体に良いものを探求してきました。 心と身体の繋がり探求ブロガーの梨理(りり ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - 心・身体・文章本棚