アクセスバーズを知る前・2年半後

   

初めてAccess Bars®(アクセスバーズ)にアンテナが立った時から約2年半になります。

文章サポートライターの梨理です。

アクセスバーズ ファシリティーター&アクセスボディプロセス ファシリティーター。

当時、こんな風に名乗る展開は予想もしていませんでした。

アクセスバーズ(Access BarsⓇ)を紹介するものに、

マッサージを受けた様な心地良いリラックス感が得られ、

最高であなたの人生を変えるかも、という言葉があります。

私の場合は、アクセスバーズを知った前後で人生が変わったケースですね。

それも、激変ではなく穏やかに。

これからアクセスバーズ(Access BarsⓇ)と出会う方の為に、

どんな風に人生が変わったのか振り返ってみましょう。

様々なボディワーク体験の中から

伸び伸びと身体を自由に動かしたくて、始まった身体探求の旅。

それは、多種多様のボディワークとの出会いでもありました。

体験した種類は、筋肉系・骨格系・筋膜系・ストレッチ系・エクササイズ系・・・。

細かな手技の違いを含めれば、両手では足りないことでしょう。

 

手技には、それぞれの良さも向き不向きもありました。

ただ、元にもどってしまうこと、進化より維持中心になってしまうのが

共通した悩みの種でした。

そんな時、身体だけを悪者にして責めるのは理不尽な行いですよね。

思う様に変化していかない理由に、自分の思い癖があるとわかってきました。

Access Bars®(アクセスバーズ)

アクセスバーズに出会った始めの頃は、

自分の固定概念が、日ごとに外れていくのが面白かったですね。

こうしなければならないと思っていたことは、

狭い常識だったと気づく爽快感

手放してみると、今までのこだわりは何だったんだ、

というぐらいに上手くいくんですよね。

ひとつひとつ、こだわりを手放すと小さな成功体験ができ、

日常生活にいいことが増えてきました。

 

これまで、ボディワーク系のセッションはたくさん受けてきましたが、

自分でもできる様になりたい、そして人様にも伝える様になりたいと思ったのは、

アクセスバーズ(Access BarsⓇ)が初めてでした。

アクセスバーズのいいところ 個人的見解 10

アクセスバーズ(Access BarsⓇ)の好きな点をまとめました。

(この項目はアクセスバーズまとめ記事にてご紹介済です。)

 

アクセスバーズクラスはクリエイティブな人生の第1歩

クラス

  • 〇〇しなければならない。
  • 〇〇でなければいけない。

の固定観念が外れると、色々なものが見えてきます。

例えば、自分がしたいことを実際にしている人を見た時の反応に、

  • あれは〇〇さんだから、出来ることだ。
  • 私には〇〇にばかり、時間をかけることはできない。

と思ってしまうことはありませんか?

どうして〇〇さんができることが、あなたには許されないのでしょうか?

 

心と身体に制限を作ってしまっているのは私自身だ!

そう気づいた時からどんどん楽に動ける様になったのです。

 

脳のデトックスとも言われるアクセスバーズは、セッションを受ける度に、

要らない思考が抜けて軽やかになっていきます。

それだけでも充分いいのですが、もしセッションが気に入っているのなら、

是非、クラスを受けていただきたいですね。

 

最初の入り口となるアクセスバーズクラス。

このクラスを受けるだけでも、

人生をクリエイトしていく杖を手にした様なものですから。

 

また、私自身もそうでしたし、クラスに来られる方にもよくありますが、

セッションで、もうひとつスッキリわからなかったことが、

クラスを受けると明解になるんですよね。

大切にしている価値観と一緒で、我が意を得たり!という気持ちになることも。

 

セッションに満足している方にはクラス参加をお薦めします。

1日講座を受けるとプラクティショナーとなり、年会費なども不要でずーっと使えるのです。

* アクセスバーズクラス詳細

ボディプロセスクラスで身体へのジャッジをクリアに

アクセスバー™クラス以後、日常生活ふとしたことで、

もしかしてこれは私が思い込んでいただけ?と気づくことが増えました。

気づけば手放すことも可能になる訳で、どんどん自由に軽くなっていきます。

 

アクセスバーズという脳の断捨離ツールが、とても役にたったのなら

アクセス ボディプロセス™というツールとも相性いいのでは?と思いますよね。

 

こちらは、身体に対するジャッジメントや制限を手放していくツール。

着衣のまま、お手当ての様な感じで優しくボディに触れていく施術です。

私は、このボディクラスを受けてから、身体の声が聴きとりやすくなりました。

翌年、今の身体ならもっと受け取れると感じての再受講。

再受講後は、アクセスバーズ関係者以外の方に、

存在感が変わったなどと言われることが増えました。

多分、自分の身体をありのまま認めることができたら、

たたずまいも変わってきたのでしょうね。

 

気にしすぎる性格が、

あまり気にならなくなってきたのは、精神衛生上大変助かっています。

 

その後、他のツールを体験しても、

身体が大変受け取りやすい体質になっていると感じますね。

気づいた不要なものは、少しずつ手放してきたので、

見た目には小さな変化かもしれません。

本人の中で大きな変化があり、それが続いてるとわかればそれでいいんです。

 

私自身、アクセスバーズを知る前、知ってからと区切りをつけたいぐらい

色々とタイミングの良い人になっていきました。

 

アクセスコンシャスネスは気づきのサポート。

気になった方は、セッションやクラスにお越しくださいね。

 

* アクセスバーズクラス詳細

 - アクセス・コンシャスネス