プロが求めるフェイスリフトセッション

   

これまで色々な癒しサロンを訪問してきました。

セラピストさんによって
・提供メニューの中のひとつを強く押される方
・全部がおすすめメニューですと胸を張られる方

サロンはセラピストさんのカラーによって雰囲気が変わります。

個人サロンのいいところですよね。

当方でも脳のデトックス、Access Bars®(アクセスバーズ)を提供しています。

アクセスバーズは体感しやすく納得感のあるセッションです。
(たくさんのボディワークを受けてきた私の個人的意見。)

また、セルフケア目的で講座受講される方が多いのも特徴です。

提供メニューは大きく3つ。

頭:アクセスバーズ(Access Bars®)
顔:アクセスフェイスリフト
身体:アクセスボディプロセス

メニュー選びに迷ったら

  • 初めて受けるならアクセスバーズ(Access Bars®)
  • 個人的に大好きなアクセスフェイスリフト
  • ボディマニアな方にはアクセスボディプロセス

詳細をお知りになりたい方はこちらをご覧くださいね。

* アクセスバーズ(Access Bars®)を知りたい方へのまとめ

* アクセスフェイスリフト 観察まとめ

アクセスバーズ(Access Bars®)セラピストの特徴

アクセスバーズ(Access Bars®)を活用している方には、色々な分野を同時並行で仕事をされている方が多いです。
ひとつの仕事の枠に収まりきらないとでもいう感じでしょうか。

(もちろんアクセスバーズ(Access Bars®)関連セッション一筋!の方もいらっしゃいます。
それは個人の選択です。)

整体師・弁護士さん・画家・会社の営業畑の方・・etc
全然別の分野の専門職の方も多いですね。

まるで、先日ご紹介した本の様です。

(参考記事:「マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法」 )

私自身は身体メンテナンスに、アクセスバーズ(Access Bars®)ファシリテーター仲間の友人と定期的な交換セッションをしています。

友人たちは全員、アクセスバーズ(Access Bars®)以外の仕事を持っている人です。

 

ボディワーカーさんからのフェイスリフト依頼

先日、ボディワーカーの友人のセッションを予約しました。

ライターの好奇心でちょっと受けてみたいメニューがあったのです。
仕事ではないのでお客様気分♪で訪問しました。

ご要望により、交換セッションとなる展開に・・・。

「梨理さんのフェイスリフト受けたいから」

私もフェイスリフト大好きですから喜んで提供させていただきました。
(すぐに提供できるのもアクセスフェイスリフトのいいところ♪)

それから・・・数人の方から同様のご指名が続いたのです。

アクセスフェイスリフトは講座受講で誰でも活用できる様になります。

それなのに「梨理さんのフェイスリフト」というご指名。
こそばゆい様な不思議な気持ちを味わっています。

いつも言っているんです。
「私というよりアクセスのフェイスリフトがスゴイんですよ。」

 

フェイスリフト終了後、鏡を見て輝くお顔にこちらが幸せな気持ちになります。

何故、ご自分でセッションが出来るプロが対価を払って受けてくださるのか?

理由は不明です。

当方のフェイスリフト大好き感覚が何かに影響しているのかもしれません。
毎回満足されているのは確かです。

ということで、思い切って言ってしまいますね。

”プロも求める、文章サポートライター梨理(りり)によるフェイスリフトです。”

幸福感に包まれるフェイスリフトセッション。

セッションの後に鏡を見ると、顔つきが変わっていることに気づくでしょう。
顔だちが変わる以上に嬉しいことかもしれません。

この喜びをあなたにも。

お申込みはコチラへ

 

* アクセスバーズ(Access Bars®)を知りたい方へのまとめ

* アクセスフェイスリフト 観察まとめ

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
イメージコンサルタントれいかさん|人見知りでも人が大好きインタビュー(11)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第11 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 2021年1月 ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - アクセス・フェイスリフト