短夜(みじかよ)ー夏至の頃

   

夏至は昼の光のエネルギーが一番強い日。

この頃を表現する言葉には、どんなものがあるのでしょうか。

文章サポートライター梨理です。

短夜(みじかよ)

夏至を中心にした夏の短い夜を表します。

俳句では夏の季語ですね。

みじかよや 小見世明けたる 町はづれ

(与謝 蕪村)

 

個人的なお話になりますが、目覚めは太陽とかなり連動しています。

明け方、窓からの明るさに目を覚ますと、驚くほど早い時間のことがあります。

この時期は、朝の時間が有効的に使えるので好きですね。

執筆も朝飯前にサクサクと進みます。

 

先日、就寝時間と起床時間を尋ねられました。

今の季節なら、健康のお手本の様に答えることができるのです。

 

若葉は日毎にその緑を増しています。

毎月のお散歩会の時にも、変化は如実に感じますね。

心はリフレッシュ、身体には活力が湧いてくるのを感じます。

  • 自然の影響をおおいに受けている
  • 自然に生かされている
  • 私たちが自然の一部である

と思うこの頃です。

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

アクセスバーズ 2
アクセスバーズ(Access Bars®)は語らない

アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったのは2015年3月。 キャッチ ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
ビジネス苦手なフリーランスの頼りになる本まとめ

ひとりで仕事をしていくメリットは全部自分でできること。 逆にデメリットは、苦手な ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - 徒然歳時記