「初心忘るべからず」と「初心忘るるべからず」どっちも使える?格言の周辺

   

今年の始めに好きな格言をご紹介致しました。

世阿弥の「初心わするべからず」。

小学校6年生の時、校長先生に教えていただいたこの言葉。
その後の人生観の形成に大きな影響を与えてきました。

この言葉の一般的に知られている意味と、世阿弥が伝えたかった意味もお話し致しました。

校長先生が書いていらっしゃったのだから、間違いはないと思っていますけど。
今回は以前より気になっていた、この言葉の表記方法のゆれについて。

「初心忘るべからず」と「初心忘るるべからず」どっちも正しい?

初出は平安中期

「初心忘るべからず」の初出は世阿弥の「花鏡(かきょう)」(1424年)。

当初は漢文で表現されていました。

初心忘不可。

是非初心忘るべからずとは(後略)

世阿弥「花鏡(かきょう)」より

  • 「忘る」は終止形「ワスル」
  • 「べし」は終止形に接続する助動詞。
平安時代当時の文法用語では「初心忘るべからず」となる。

やっぱり校長先生は正しかったのです。

口語の変遷

初心

 

その後口語での変化が出てきました。

  • 連体形が終止形を補う「ワスルル」の出現。
  • 新終止形「ワスレル」の出現

現在の私たちは終止形「ワスレル」を使っていますよね。

漢文の「忘るべからず」が、口語に引きずられて「忘れるべからず」と変化。

しかし、「忘れる」(口語)+「べからず」(文語)の連結に違和感が。
そこで文語調の「忘るるべからず」と広まったのがないかとされています。

口に出してみるとわかるのですが、何か語感がいいですものね。

実際には「ワスルル」では変換が出てこないので、書く時には間違いにくいと思います。
ただ、会話の中ではどちらも聞いたことがありましたよ。

格言は、人の口を使って広まっていくものです。
世阿弥の言葉も、平安時代から現代までずっと使われている有名な言葉です。
なので、こんな間違いも広まったのでしょうね。

結論!

初出をかんがみて「初心忘るべからず」が正しい。

私の初めて持った座右の銘でしたので、ちょっとこだわって調べてみました。
また、好きな格言の周辺について不定期にお話していきますね。

関連リンク

1.世阿弥の「花鏡」を読むなら。

風姿花伝・花鏡 (タチバナ教養文庫)

 

2.「風姿花伝」のわかりやすい現代語訳。

すらすら読める風姿花伝 (講談社+α文庫)

 

3.前回の記事です。

”初心忘るべからず”-世阿弥の言葉より

 - 言葉と漢字の選択