怒りへの対処方法と上手な怒り方の本「キレる!」を読む

   

ニュース、SNS、そして街でも。

すぐに怒り出す人が増えたような印象はありませんか?

正義を振りかざして攻撃する人よく見かけるようになりました。

本書によれば、それらは不安から引き起こしているのだとか。

今日ご紹介の本は、キレる!メカニズムを理解したくて再読した本です。

早速ご紹介していきますね

「キレる!脳科学から見た『メカニズム』『対処法』『活用術』」 中野 信子 著

キレる!: 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」 (小学館新書)

著者:中野 信子
出版社:小学館新書 
出版年:2019年5月
分類:基礎医学 

個人的エッセンス 10

  1. 不利益を被っている時、搾取されている時は怒りを表現しよう。
    悪意のある人は反撃しない人を狙う。
  2. 人間はヒエラルキーを重視する社会性を持った生物。
    強いもの、大きいものに従うことを心地よく感じてしまう仕組みを持つ。
  3. 怒りの闘争ホルモン、ノルアドレナリン(神経系)とアドレナリン(筋肉系)
    身体が効率的に動けるようになるのを利用して、その場から立ち去る。
  4. 前頭前野の機能が低下すると怒りをコントロールできない。
  5. 頑固な性格がさらに頑固になるのは、人の話を聞く機能が衰えているから。
  6. キレやすい人の、キレるポイントを観察する。
    プライドを傷つけないように注意することで攻撃を回避。
  7. 突然キレる人は不安を抱えやすい人。
  8. 老化で疑い深くなるのは信頼できないから。
    信頼するためには高度の計算力が必要。
  9. 攻撃的な言葉に反応しない。
    言葉を発した理由に共感する姿勢を見せる。
  10. ”Don't be nice!" いい人になるな。

読み終えて

わたしたちはつい、怒りを持つことは悪いと考えてしまいがちです。
怒りは当たり前にある感情です。

本書はキレる前段階の怒りについて、キレる人への対処法から、上手なキレ方指南までありました。

自分の身を守るために怒りを上手に表現すること。

自分が「都合のいいひと」になってしまっている自覚のある人には、おおいに参考になる本だと思います。

関連データ

1.本日ご紹介した本

キレる!: 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」 (小学館新書)

 - ライターの本棚