”草の花” 白露(はくろ)の頃の季語

   

暦の上では立秋から秋が始まります。

どんなに暑い夏だったとしても、過ごしやすくなったと感じる頃。

気づけば夏至ははるか彼方へ、日が暮れる早さに驚いてしまう9月始め。

それが二十四節気(にじゅうしせっき)の白露の頃です。

白露(はくろ)|二十四節気(にじゅうしせっき)

9月7日~21日頃を、白露(はくろ)と呼びます。

二十四節気(にじゅうしせっき)の秋は、立秋⇒処暑⇒白露と深まっていきます。

そして季節は昼と夜の時間が同じ秋分へと移っていくのです。

白露(はくろ)は、日が短くなっていく実感が強くなっていく移行期ですね。

 

*二十四節気(にじゅうしせっき)とは、紀元前の中国の気候が元となった季節の暦です。

日本の気候とは微妙に季節のずれがありました。

それで生まれたのが、二十四節気を細分化した七十二候(しちじゅうにこう)です。
明治時代に改定されたものが今も使われています。

七十二候(しちじゅうにこう)に表れる季節の様子
動物や植物の動きなどを取り入れた言語感覚に和の心を感じます。

白露(はくろ)の季節(9月7日頃~21日頃)

  • 第四十三候:草露白(くさのつゆしろし)9月7日頃
  • 第四十四候:鶺鴒鳴(せきれいなく)12日頃
  • 第四十五候:玄鳥去(つばめさる)17日頃

朝の気温が下がって見えた草の露、セキレイが鳴き始め、渡り鳥の燕は去ってゆき・・・。

情景が目に浮かぶようですね。 

”草の花”白露(はくろ)の頃

春の花は桜を筆頭に樹木の花が中心。
秋は草花、と昔から言われていました。

秋は草花に関する季語が豊富なんです。

白露(はくろ)の頃の私の好きな季語をご紹介します。

  • 草の花
  • 秋草
  • 野の花
  • 千草
  • 草の香 
  • 草花 

千草とは名もない草花のこと。

生け花では、秋の千草を組み合わせて野趣あふれる生け方も素敵です。

 

「秋の七草」の元になった、万葉集の山上憶良の2首は有名ですね。

秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花 

萩の花尾花葛花瞿麦の花女郎花また藤袴朝貌の花

(万葉集巻8 山上憶良)

名もなき千草を愛でる風習は日本人独特の感覚だとか。

季語を知ると、当たり前に感じていたことも日本人のDNAだっだと気づかされます。

これからも四季のある日本を五感で感じていきたいものです。

二十四節気と七十二候を楽しむおすすめ本

1.七十二候を知る定番本

「日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―」

 

2.手元に置いて楽しむ可愛い手帖本

「二十四節気と七十二候の季節手帖」

 

3.あわせて季節の養生の考えるこの1冊

「二十四節気に合わせ心と体を美しく整える---医者にも薬にも頼らない和の暮らし」

 

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - 徒然歳時記