事業価値とは?「ストックビジネスの教科書 プロセッショナル」を読む

   

SNSは即時性があり流れていくもの(フロー)。

ブログはコツコツ継続すれば資産(ストック)になる。

フリーランスの発信にはその両方が必要と言われています。

ところで、ストックビジネスとは何でしょう?

今日ご紹介の本はフリーランスにお役立ち「ストックビジネスの教科書」です。

それでは早速、中身を見ていきましょう。

「ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル」 大竹圭裕 著

「ストックビジネスの教科書」

著者:大竹圭裕
出版社:ポプラ社

出版年:2016年
分類:企業・経営

個人的エッセンス 10

  1. ビジネスとは付加価値をつけること
  2. 人生後半生を起業でしめくくることが当たり前の時代になる
  3. 継続すれば自然とストックビジネスになるのでなく、なりにくい要素のビジネスもある
  4. 継続的にお金が入る・売ることができるのがストックビジネス
  5. ストックビジネスの4分野
    貸す(不動産・レンタル品など)・認める(商標、利用の権利など)・改善する(教育・治療・ノウハウなど)・消耗品、メンテナンスなど
  6. 人間は飽きるからストックビジネスは経年劣化する
  7. 顧客満足度とストックビジネスの成功は必ずしも連動しない
  8. リピート率:一度利用した人がまた利用する割合
    リピーター率:全体の中で2度以上利用した人の割合
  9. 転換価格(お客様の頭の中をイメージを転換させる)
  10. 将来事業価値を上げたいならストックビジネスを作る

読み終えて

著者はレンタルオフィス、貸会議室などのストックビジネスを柱にした経営者です。

本書を知る前から貸会議室の看板はよく見かけていました。

「私でなくても運営可能」がストックビジネスのポイントのひとつです。

人柄重視の個人事業者が忘れがちなことかもしれません。

 

2016年発行の本で、今では当たり前になったサブスクリプション方式会員制などついても言及されています。

その事業は投資家が買いたいと思う事業なのか?

という問いはスモールビジネスをする人にも必要な考え方と感じました。

関連データ

★本日ご紹介した本(実践編)

 

★前書になります(知識編)

こちらの本からどうぞ。

初心者向きにわかりやすく解説されています。

 

 

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

アクセスバーズ 2
アクセスバーズ(Access Bars®)は語らない

アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったのは2015年3月。 キャッチ ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
ビジネス苦手なフリーランスの頼りになる本まとめ

ひとりで仕事をしていくメリットは全部自分でできること。 逆にデメリットは、苦手な ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - フリーランスの基礎知識