魔女は自然療法士だった?「魔女のシークレット・ガーデン」を読む

   

本日ご紹介の本は一見するといつもとは毛色が違っています。
心と身体にいい本という観点からは一緒ですよ。
思い切り個人の好みが入っていますけれど。

まず、本の装丁に惹かれました。
落ち着いたグレイの表紙の真ん中に見えるのは、森の中のガーデン?
畑仕事をする魔女と黒猫がいます。

シークレットガーデン=秘密の花園

ここに行ってみたいと思わせます。

こんなに心ウキウキする装丁ならと、
裏表紙を見てみると、じょうろをほうきに引っ掛けて、空を飛ぶ魔女の姿が。

ものがたりに夢中だった少女の心を揺さぶりますね~。

中を開くと本の装丁からの期待を裏切りません。

それでは早速、中身を見ていきましょう。

「魔女のシークレット・ガーデン」 飯島 都陽子 著

* 「魔女のシークレット・ガーデン

著者:飯島 都陽子
出版社:山と渓谷社
出版年:2018年12月
分類:薬学

個人的エッセンス 7

  1. 現代文明の魔法は崩れると消える。消えない魔法を手に入れよう。
  2. 魔女は、家族を守るために自然のパワーを観察した薬剤師のような存在。
    ドイツで魔女は「生と死の境目に立つ人」。
  3. ヨーロッパの魔女裁判は、都合の悪いものを排除したいという心のトゲ
    魔女の見分け方の教書はだれでも魔女にでっちあげられた。
    今世紀初めにローマ法王が始めて過去の過ちを謝罪。
  4. 身近な毒植物
    スイセン・シャクナゲ・チョウセンアサガオ・スズラン・
    ヒガンバナ・キョウチクトウ・トリカブト・フクジュソウ
  5. 魔女の園芸術 ミミズの糞には窒素・リン・カリウム。
    マメ科のクローバーには特殊な菌で土の栄養
  6. コンパニオンプランツ
    ローズマリーとニンジン・セージとキャベツ・バジルとトマトなど
  7. 月暦に合わせた畑仕事
    満月や新月付近で種まきなど。

読み終えて

内容は大人向けのハーブの本です。

魔女の庭のと魔女の森の四季の植物の開設という章立てです。
ダークな色調の豊富な挿絵には、ワクワクしますね。

西洋の昔ものがたりに出てくる、リンデンの木(愛の木)など、
樹木の解説も詳しく、中身のぎっしり詰まっています。
巻末の関連図書一覧も嬉しい。

読み終わったっら、筆者が横浜で30年営んでいるという、
「ハーブと魔女の専門店」に行ってみたくなりました。

西洋のものがたり、ハーブ・森などが好きな人方へ
自信を持ってオススメできる本です。

関連データ

1.今回ご紹介の本

* 「魔女のシークレット・ガーデン

著者:飯島 都陽子
出版社:山と渓谷社
出版年:2018年12月
分類:薬学

2.同じ著者の前作です。

こちらの本も気になりますね!

* 魔女の12ヵ月 自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」

著者:飯島 都陽子
出版社:山と渓谷社
出版年:2016年11月
分類:薬学

 - ライターの本棚