「医者が教える『あなたのサプリが効かない理由』」 宮澤賢史 著

   

サプリメントは取らずに食物で取る主義なのですが、

最新情報をおさえておきたくて読んだ本です。

文章サポートライター梨理です。

「医者が教える『あなたのサプリが効かない理由』」 宮澤賢史 著

タイトル:医者が教える「あなたのサプリが効かない理由」

著者:宮澤 賢史

出版社: イースト・プレス

出版年:2018年7月

分類:衛生学

個人的エッセンス10

  1. 人間は外部から取り入れる必須栄養素の数がどんな動物よりも多い。
  2. ビタミンCは不足量を補う最低量と医学的効果を得られる最適量の差が大きい。
    食事とサプリメントと点滴とでは効果が全く違う。
  3. ミネラル補給には食物繊維で腸を整えておくこと。
    腸内細菌が短鎖脂肪酸を作り、ミネラルの吸収を良くする。
  4. まず取るべきはマグネシウム。
    食事以外でもマグネシウムの入浴剤など。
  5. 亜鉛を充分量取るだけでデトックスが期待できる。
  6. タンパク質は体にとって最重要の栄養素だが、消化吸収されにっくさも最上級。
    高齢者や胃腸障害など、タンパク質消化が難しい状態の人は、量を重視したプロティンより
    消化効率を重視したアミノ酸や消化酵素サプリメントが重視されるべき。
  7. 近年、スポーツ選手が取り入れる人も増えた、カゼインフリーの食事。
    牛乳に含まれるカゼインは分解されにくく、未消化のまま腸に入ると腸の粘膜に傷をつけ、
    炎症を起こす。炎症を繰り返すと腸の粘膜の目が粗くなり、リーキーガット症候群を起こす。
  8. オメガ3系:エゴマ油・アマニ油(中性脂肪やコレステロール値を抑制)
    オメガ6系:リノール酸・ゴマ油(過多の人が多い)
    オメガ9系:オレイン酸・オリーブオイル(加熱に向く)
  9. 疲労やエネルギー不足は薬では治らない。必要なのは栄養素
  10. 最低限のサプリメントですむ体作りから、サプリメントがいらない体になるのがゴール。

読み終えて

こんな本を読んだ時、一般論はわかった、さて自分の場合はどうしたらいいのだろう、

と思うことはありませんか?

迷うならマグネシウム、亜鉛、ビタミンB群から。

そして、健康診断からわかるんですね。

ASTとALT数値は肝機能評価。高い場合は肝炎などの心配が。

低い場合はビタミンB6の補酵素の働きが弱いと推測されるとのこと。

ASTがALTより2以上多かったらビタミンB6不足を意味するそうです。

全てのページに栞をはさみたい位、充実した内容の本でした。

サプリメントなんていらないという方にもオススメできる本です。

関連データ

タイトル:医者が教える「あなたのサプリが効かない理由」

著者:宮澤 賢史

出版社: イースト・プレス

出版年:2018年7月

分類:衛生学

 

実は、久しぶりに(多分20年ぶりぐらい?)サプリメントを購入したところだったんです。

まだ、いいかどうかは検証中なんですが、折角なので先にご紹介しておきますね。

少なくとも、味は美味しいので楽しく続けられています。

タンパクオトメ まろやかカカオ 260g 美容専門プロテイン

 - ライターの本棚