「はじめてのシュタイナー ~人生のヒント~」 志賀くにみつ 著

   

シュタイナー理論の入門講座に行って参りました。

文章サポートライター梨理です。

講座の最中は夢中でメモを取っていましたが、

最後にご紹介いただいたこの本の目次のわかりやすさ。

著者の志賀先生は、シュタイナーを知る前と知った後で生き方が変わったそうです。

シュタイナーを知ると、世界はどんな風に見えてくるのでしょうか。

早速、ひも解いてみましょう。

「はじめてのシュタイナー ~人生のヒント~」 志賀くにみつ 著

タイトル:はじめてのシュタイナー―人生のヒント
著者:志賀くにみつ

出版社: 小学館スクウェア

出版年:2002年11月

分類: 認識論

 

シュタイナーは約百年前のドイツで、生きがいを感じて生きることを追求した人物です。

教育・芸術・農業・医学・・・活動分野が多岐にわたり、捉えどころが難しいのです。

オイリュトミーシュタイナーと仲間が考案した身体芸術運動。

シュタイナー農法:自然の力をいただいて作る有機農法

個人的エッセンス20

  1. 素晴らしいものと出会うと生きている意味を感じ取れる様になる。
  2. プライベートな世界で時間を区切らない。(子どもの持つ永続性を体験する。)
  3. 裏切られても立ち直れる信頼の力。(あかちゃんに学ぶ。)
  4. 自然そのものが人間にとって素晴らしいものではなく、背後にある永遠性(大きな調和)
  5. 時を忘れる様な体験の奥の永続性(ガイスト)を、意識的に感じてみる。
  6. 宗教の語源に見える、人類共通の永続性への願い
  7. 感情(アストラル体)は生きている実感。上手につきあう。
  8. 生命力(エーテル体)は東洋の氣にあたり、その時の雰囲気を記憶
  9. 達人の作業を見て気持ちが良いのは、手さばきに表れるエーテルが伝わるから。
  10. オイリュトミー運動フォルメン線画を学ぶと、型がエーテル体に刻み込まれる。
  11. 努力して自分のエーテル体を作った人同士は、分野が違っても深くわかりあえる
  12. シュタイナー教育で目指すのは人間のプロ。
  13. できるとは見返りを求めずに行動を起こせること。本当に望んだことなら抵抗なくできる。
  14. 生きている実感の為に一歩進んだ経験は全て成功。
  15. できるという確信の元に行動を起こすと、人との繋がりができる。
  16. 「本当の自分」が見られるのは、真・善・美の体験を一緒に体験すること。
  17. 一番の障害は、不安・不信・ためらい・小さい頃からの固定観念。
  18. 愛とは、秘められた「本当の自分」を見つけるという行為でもある。
  19. 自由・愛への途上であると理解しておくと葛藤しない。
  20. この世にいるということは、自由と愛を求めることを励まされているということ。

読み終えて

初めてシュタイナーの名前を知ったのは、もう20年位前になるでしょうか。

シュタイナー幼稚園という言葉でした。

自由な創造性を伸ばす教育法と聞きかじった記憶がありますね。

 

活動が多岐にわたるシュタイナーにはキーワードがたくさんあります。

美しいものに目をみはり、本当のものを大事にし、善いことをするように決断する真・善・美

これは、シュタイナーが子どものために作った晩鐘の祈りの中の一節だそうです。

この文章そのものが美しいですよね。

 

本当の自分を知り自分らしく生きていく、人生の指針となるシュタイナー理論。

初めての方にも、迷路にはまってしまった方にも優しい、シュタイナー解説本です。

 

関連データ

タイトル:はじめてのシュタイナー―人生のヒント
著者:志賀くにみつ

出版:小学館スクウェア

出版年:2002年11月

分類: 認識論

 - ライターの本棚