実学マーケティング「どうすれば、売れるのか」わかる本

   

今日ご紹介の本は、本屋さんや図書館の本棚ではなくWeb上で知った本です。
著者名もタイトルも寡聞にして存じませんでした。
読み終わってから確認したところ、
TVのコメンテーターでも著名な方だったのですね。

内容はこれぞ実学マーケティング、と言う感じの面白さでした。

それでは早速、内容に入っていきましょう。

「どうすれば、売れるのか」 小暮 太一 著

どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方

著者:小暮 太一
出版社:ダイヤモンド社
出版年:2017年4月
分類:マーケティング

個人的エッセンス 10

  1. 変化こそベネフィット。
  2. 不満・不便・不安を解決する。
  3. ベネフィットに再現性はあるか?
  4. 定番情報を知った上ので通情報。
  5. 目新しさだけではなく納得感
  6. 色々できても相手がやりたいこと絞る
  7. コンテンツは中身。中身の魅力が伝わるか?
    コンテンツは手段。相手が望んでいたことができるか?
  8. 信頼できるようになった人ではなく信頼できそうな人に依頼する。
  9. テーマ毎に必要な肩書・資格・数字を絞る。
  10. ライバルの良さを取り入れる。

読み終えて

シンプルでいて具体的。
自分の仕事の場合に落とし込みやすくなっています。

「20代独身女性で犬を飼っている」などの、統計的ペルソナ設定法に違和感を持つ方には、
相手の”不”を解決することに注目する著者の方法が、取り組みやすいのではないでしょうか。

個人的に改めて肝に銘じてと思った点です。
講座では、受講生側の知りたいことに絞る方が親切なのです。
わかっていながら、ついつい盛りこんでしまいがちですね。
いつも、受講生の時に思ったもどかしさを忘れず、講座内容を組み立てたいですね。

また、著者は自分が消費者としてお金を使ってきたことを、仕事にすることをおすすめされていました。
それはより強く、消費者側の視点を持てるからですね。

個人で仕事を始めた方におすすめしたい良書です。

関連データ

1.ご紹介した本

どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方

著者:小暮 太一
出版社:ダイヤモンド社
出版年:2017年4月
分類:マーケティング

 - ライターの本棚