耳を守る処方箋「耳トレ」を読む

   

長い通勤時間の癒しの音楽。
イヤフォン・ヘッドフォンは当たり前の世界ですよね。
あなたの聴力は良い状態を保っていますか?

視力の変化を気にするほど、人は聴力の変化は気にしないものです。
いえ、気づかないという方が正確かもしれません。

本日ご紹介の本は、めまい、耳鳴りに悩んでいる方への本です。
音の聞こえについておさらいし、今一度チェックしてみませんか?

早速中身をご紹介していきますね。

「耳トレ こちら難聴・耳鳴り外来です。」中川 雅文 著

耳トレ!-こちら難聴・耳鳴り外来です。

著者:中川 雅文
出版社: エクスナレッジ
出版年:2011年3月
分類:耳鼻咽喉化学

個人的エッセンス 5

  1. 音=空気振動。
    気配=気圧変動を皮膚感覚でとらえたもの。
  2. 日本語は世界一低い周波数の言語。
    高い音から聞こえにくくなるので、難聴に気づきにくい。
  3. 電車内の音楽は、雑音が多いためボリュームをあげやすいので危険。
    若年層の難聴が増えている。
    ノイズキャンセルのヘッドフォンを使うのもひとつの方法。
  4. 音の聴こえが脳への刺激になっている。
    難聴はコミュニケーションエラーに繋がる。
    文字通り聞く耳を持たなくなるおそれも。
  5. 耳の形で聞こえも変わる。
    耳を上に引っ張ってみると、3~5デシベル聴こえがよくなる。

読み終えて

先日、声のトレーニングの本をご紹介しましたね。
その後に、今度は耳のトレーニングが気になって読んだ本です。

題名から想像する、実践的なトレーニング方法についての本ではありませんでした。

聴覚についての知識は視覚に比べると、知らないことが多いですね。
難聴と脳の関係、若年性難聴、音の聴こえのしくみについてなど

当たり前のように思っていた聴こえること。
読後は、耳への感謝といとおしさを感じました。
もっと聴覚に関心を持っていきたいと思いました。

身体に対する耳の重要性を知るための本です。

関連データ

★ 耳トレの実践にはこちらの本もどうぞ。

毎日耳トレ! ~1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える~【CD付】

著者:小松 正史
出版社: ヤマハミュージックメディア
出版年:2018年11月
分類:耳鼻咽喉化学

 - ライターの本棚