情報インプット後にどう行動(アウトプット)する?

   

いつの間にか季節は進んでいたのです。
外に出たら、街路樹のハナミヅキがもう咲き始めていました。

今年は蕾から花への変化を見逃してしまいました。
文章サポートライター梨理です。

hanamizuki

ハナミヅキ

意見や表現の自由はありつつも

お家時間が増えた方へ、情報の渦にアップアップしていませんか?

今、色々な人が自由に意見を発信しています。
どの対応が良かったかなんて、後からわかること。
その時に「私は〇年前から言っていた。」という人もいるんでしょうね。

断言する者は、強く正しく感じられるものだけれど。
ひとつの方向に強引に引っ張る手法は要注意。

みんな今の状況に良かれと思って発言しているはずです。

アッツザクラ

アッツザクラ

正反対の意見に心が揺さぶられて疲れます。どうしたらいい?

ある主張があったとして、丸ごと同意ということはなかなかないですね。

希望や意見を言える自由は大事です。
でもね、文句や批判を言う前に、自分がその人の代わりになれるかと考えたらどうでしょう。
前例のない難局に全員が模索している時期。

そう考えると、やっぱりシンプルに。
”今、自分にできることをする。”に戻ってくるのです。

誰の意見を取り入れますか?

少なくとも私は、俯瞰して全方面に目配りが効いていると思う人。
その上で「私の意見も鵜呑みにしないでください。」と言う人の意見を参考にしますね。

あくまでも参考に、その後は自分で決めます。

参考にする、自分の心に問いかける、その時のベストを選ぶ。

その繰り返しだと思っています。

優しさに包まれる体験

アッツザクラ

アッツザクラ

社会全体としては、人と接触する機会が減ってきていますね。
最近、皆さんもこんな体験をされませんでしたか?

例えば・・・。

  • スーパーのレジの人と
  • 宅配業者さんと
  • 近所の人と

笑顔で会釈をしたり、口数は少ないものの連帯感を感じたり。

そこには確かに優しい空気が流れているのです。

私は、今までよりも感謝の気持ちが強くなりましたし、
その気持ちがお相手にも伝わっていると感じます。

ひとことで言うと、周りに笑顔が増えました!

物事には両面があります。
どんな時にもイイコトってあるんですよ。
そう、後は気づくか気づかないかだけのこと。

これから周りの人達と、どんな世界を創っていきたいですか?
そのために、どんな行動をしていけばいいでしょうか?

思考停止しないこと。
ひとりひとりが自分の頭と心で考えて行動すること。
今まで以上に大切になってきていると思いますよ。

私たちひとりひとりの行動が未来を変えるのです。

補足

私が宅配の人に感謝の念を強く持つようになったのは昨年秋。
この本がきっかけでした。

個人的な感想はこちらです。

”宅配はインフラのひとつ「仁義なき宅配ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン」を読む”

 

すぐに読みたい方はこちらからどうぞ。

仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

著者:横田 増生
出版社: 小学館
出版年:2015年9月
分類: 陸運・自動車運送

 - お知らせ, フリーランスの基礎知識