隠れ家サロンへの想いと「お客様の声」執筆について

   

身体と心にいいことを実践・観察しています。

文章サポートライターの梨理(りり)です。

この記事では、私がなぜ、癒しサロンさんの感想文を執筆するに至ったのか、
簡単にご紹介しています。

癒やし系サロンに通い始めた頃

私が癒やし系のサロンに通い始めたのは、もう20年以上前のこと。

身体メンテナンスのためにサロンに通うのは、一般的ではなかった頃のことです。

今でもサロンを普段使いしている人は少ないかもしれませんね。

 

ただ、今は慢性的にお疲れの人が増えているのでしょうか?

整体院や整骨院は街のあちらこちらで見かけるようになりました。

個人で独立する方は20年前から見ると格段に増えましたね。

 

当時、サロンと言えば大手か中堅のチェーン店がほとんどでした。

「店舗の看板がない、マンションの一室や個人宅などのサロンは怪しい」

そう敬遠する人も多かったのですよ。

 

その点、私は昔から必要な情報収集力はあったようです。

怖い思いも嫌な思いもしたことがありません。

真実は逆です。

20年の間には、宝物にしたいような隠れ家サロンにたくさん出逢ってきました。

 

アロマテラピーとの出逢いから

もともと緊張しやすい心と身体を持っていました。

ボディワークは、カイロ系の身体ほぐしを皮切り様々体験しています。

 

ひとつめの節目はアロマトリートメントでした。

それまでは整体系、痛みをこらえたら後は楽になるという施術でした。

整体系の施術には爽快感がありますよね。
(身体を求めている時にはこちらをチョイスする時も)

初めて身体を緩める大切さを知ったのが、アロマトリートメントでした。

「緩めること」

癒しの世界では当たり前の概念になってきていますね。

 

アロマトリートメントは、緊張しがちな私の身体に合っていたようです。

癒され、身体の状態も良くなり、調子が良い状態が長く続くのを実感していました。

アロマ精油の働きにも興味を持ち、2007年にアロマテラピー資格を取得致しました。
(現在は団体には所属せず個人で楽しんでいます。)

 

その後も、ボディ探求の道の過程でたくさんのボディワーカーさんと出逢いました。

多種多様なボディワークを知るのは楽しいものですね。

現在も新しい手技を知ることの情報収集を惜しみません。

自分に合いそうだと思ったら、全身で受け取りたく体験に出かけていきます。

 

ふたつめの節目は、アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったことでしょうか。

現在の身体メンテナンスの土台に使っているのはアクセスボディプロセスです。

アクセスボディプロセスは日常生活に取り入れやすいお手入れ法です。

セッションや講座を開講してお伝えしています。

(参考記事:アクセスボディプロセス実体験まとめ) 

 

セラピストさんの志を応援する

癒し系サロンのセラピストさんには本当にお世話になりました。

残念なことに、当時お世話になったアロマセラピストさんのほとんどが音信不通です。

HPやブログは跡形もなく消えています。
多分、廃業されているんだと思います。

今よりもっと個人の独立が難しかった時代、孤軍奮闘されていたセラピストさん。

顧客として通いながらも、
好きな気持ちだけではなかなか難しい世界なのだ、ということを目の当たりにしてきました。

 

癒し系のサロンが3年続くのは少数だと言われています。

セラピストさんの出逢いと別れを経た今、
志を持ってサロンオープンしたセラピストさんを、自分にできる形で応援しております。

3つの応援

  1. サロンを個人的に活用させていただくこと
  2. HPでお薦めサロンをご紹介すること(サロン訪問記)
  3. 感想文ライティングで顧客の真実の声を届けること

3つの形で。

(参考記事:ボディメンテナンスとプライベートサロン選び )

 

「お客様の声」を活用する時の注意点

個人サロンが珍しくもなくなった今は、同業他社の競合が増えて厳しい時代とも言えます。

サロン独自の魅力をどんな風に発信していくかが問われているのですね。

もちろん、サロン側からの想いを伝えることや役立つ発信は有効です。

並行して他者目線であるお客様の声を活用されることをお薦めします。

 

お客様の声の活用については大切な注意点があります。

本来、ご感想をいただくのは、余分なことをお願いしている、
という気持ちを忘れないでくださいね。

文章を書くのは荷が重いという方は少なからずいらっしゃいます。

義務的に書かれた感想文は何の力も持ちません。

 

癒されに来たお客様が最後に疲れてしまわない様に。

喜んで書いてくださるお客様にお願いしましょう。

 

サービスが期待以上だったら、お客様はきっとお友だちにシェアしたくなるはずですから。

 

感想文ライティングの特徴

note

お客様に感想文を依頼するのは気が引けるという方は、当方の感想文ライテイングをご活用ください。

隠れ家サロン、自宅サロンに身銭を切って通い続けたライターだからこその視点があります。

実際にサロンメニューを体験の上で、忖度なしで魅力が伝わる感想レポートを作成致します。

たとえ同業他社と同じメニューであっても大丈夫です。
セラピストさんご本人の魅力からくるオリジナリティを表現します。

お客様の声」ライティングサービスのお約束

この体験レポートは必要以上に飾る(盛る)ことは致しません。
心にもない誉め言葉は使いません。
本当に感じた魅力を最大限に表現するものです。

サロン様への誠実さは
その先にあるサロンのお客様への誠実さと考えているからです。

ご希望があれば、顧客目線で気になった部分を別途お伝え致しますね。
(お客様は思っても口には出さない部分です)

必要な方はお申込み時に備考欄にご記入ください。
(+αの料金は発生致しません)

* このライティングサービスは、ライターが実際にメニュー体験させていただきます。
全てのご依頼に応えるとは限らないことをご了承の上でお申込みください。

人となりが伝わる!体験レポート作成サービス

\感想文ライティングを申し込む!/
お申込みはコチラへ

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

アクセスバーズ 2
アクセスバーズ(Access Bars®)は語らない

アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったのは2015年3月。 キャッチ ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
ビジネス苦手なフリーランスの頼りになる本まとめ

ひとりで仕事をしていくメリットは全部自分でできること。 逆にデメリットは、苦手な ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - ライティング(書く), 心惹かれる人・サロン訪問記 , ,