ライターのブロガーのあいだで

   

ブログを書いているからブロガー。
書くことで報酬を得ているからライター。
どちらもされている方はご自身をどう表現されますか?

ここ数年、私もこの問いかけが常に頭にありました。
個人的なブログの歴史を振り返りつつ、
現時点での回答を探ってみたいと思います。

ブロガーとライターの違い

まず最初に、ブロガーさんもライターさんも文章を書くことが好きな方、
というのは間違いないでしょう。

ライターにはスピードも要求されますし、書くことが苦にならない方ではないと、
目指すことさえ思いつかないと思います。

ブログを始める前に、並行してライターのお仕事も考えたのです。
それまでは文学的修行だったので、新たにWEBライティング教材を学びました。
ブログを公開してからは、ブログライティングの1日講座に参加も。

そして・・・同じ書くことでも、それぞれ別のセンスが要ると感じました。

ブログを書いている人はブロガーでOK?

初めは文字通りブログを書く人をブロガーと認識していました。

世の中に、プロブロガーと呼ばれる人たちがいる、というのを知ったのは2013年頃
パソコン1台あれば、どこに居てもブログを運営して仕事ができることが、
とても魅力的に映りました。

出版されていたプロブロガーの本は、ほぼ読んでいると思います。

プロブロガーとは、ブログの広告収入・アフィリエイト・物販・セミナー・オンラインサロン
などの運営で生計を立てているブロガーさんのことです。

ブロガーというと、プロブロガーに間違えられそうで言いにくくなりました。
愛・LOVE・ブロガーと名乗ることもあります。)

ブログで生活設計していこうとする為のオンラインサロンは、
切磋琢磨する仲間たちの場のように思え、魅力的に映りました。

ブログを始めたばかりの若者だったら、
どこかのオンラインサロンに入っていたのかもしれませんね。

この時既にブログ歴は7年経過
今から・・・という気持ちもあったのでしょう。

ブログ繋がりでできた、ブロガーの友人は多いですが、
サロンになどには入ることなくここまで来ています。

ブログを始めて人生が変わりました。

今もブログを愛するひとりのブロガーです。

文章納品で報酬を得ているからライター?

ライターと言えばプロライター。
職業的には、ブロガーよりも世間の認識度は高いように感じます。

ライターになるきっかけをお聞きしますと、
最近では、ランサーズ(2008年設立)や、クラウドワークス(2011年設立)
を活用してという方も多いですね。

最初は1文字いくらという、時間をかけたわりには厳しい世界です。
実績を積んで独自案件を受注されるのが一般的でしょうか。

ライターはクライアントに依頼され、
満足される文書を形として納品することで報酬を得ます。

それに対し、プロブロガーはブログ上で広告収入やその他諸々が収益になります。
直接的に記事を納品する形ではありません。

私のライターの出発点は、広報の書評欄を担当したことでしょうか。
本選びから自由に任せていただけた、やりがいのあるお仕事でした。

ブロガーとアフィリエイターも違うらしい

同じ様にブログを運営して収益が出ていても、
ブロガーとアフィリエイターとは微妙にカラーが違うようです。
皆様それぞれ、しっくりくる方で名乗っていますね。

  • ブログを運営する中で、好きなものを売っているのがブロガー
  • 〇〇という商品を売る為に、サイト運営しているのがアフィリエイター

という印象です。
皆様はどう思われますか?

私自身、たくさんのブログで勉強させてもらい、有益情報をいただいています。
同じ買うなら、教えていただいたサイト経由で購入したいと思います。
(ささやかなお礼の気持ち)

ブロガーさんの肉声が聴こえる様な、個人ブログが好きなので、
商品専用のサイトには面白みがないと思ってしまう方です。
(単純に私の好み)

ピンポイントで商品情報を探している人にとっては、
商品に特化したサイトは助けられることもあるでしょう。
どちらにしても、サイト運営者と訪問者がwin‐winな関係のブログがいいですね。

ブロガー後ライター、そして

ブログを始めてから、ライティングのお仕事をいただく様になりました。

ご依頼理由は、ブログ文章スタイルを気に入っていただいて、こんな雰囲気でと。
HPやブログのコンテンツ、プロフィール・提供内容の紹介文を作成しています。

ひとくちにライティングといっても、その作成内容は幅広いです。
この時からインタビュー&紹介文に特化しています。

文学的修行
編集ライティングを学ぶ
Webライティングを知る
  ↓
ブログ開始
  ↓
広報読書欄担当
  ↓
ブログ文章相談提供
  ↓
HPコンテンツライティング提供
公式ブログ開始
現在に至る

ブログを書きながらライティングのお仕事をしてきました。
ライター気質(ライター向き)とブロガー気質(ブロガー向き)がある様に感じます。

ライターのお仕事はクライアント様の満足度。
スピードと制約の中でのクオリティを求められます。

テキスト作成などのライティング業務も行って参りましたが、
どうも私はブロガー気質の方が強い様なのです。
ブログloveなあまり、ブログサイトをいくつか作ってしまいました。

今後は自由度の高い運営ができる、ブロガー比率を高くしていきたいと思っています。
(現在はワードプレスloveでもあります♪)

名乗るとしたら感覚的にはモノ書き、仮に文筆家(業)としておきましょうか。

ライター・ブロガーのお仕事をされている方は、
どんな風にご自身のお仕事について考えていらっしゃるのでしょうか。
これからの出会いが大いに楽しみなのです。

 - ライティング