マッサージと教育の共通点ー読書案内

   

初出は、2012年7月18日です。

今に繋がる本ですので、リライトしてお送りします。

20160909084245.jpg

出かける準備をしながら、時計代わりのテレビから、

耳にキーワードが、飛び込んできました。

「声に出して読みたい日本語」 

で有名な、斎藤孝さんがお話されていました。

急いで出かける前だったので、

アバウトかもしれませんが、こんな内容でした。

 

マッサージと教育には共通点がある。

それは、身体を伴った受け手とのコミュニーケーションである。

 

だから、そうだったのか・・・。

サロン訪問記のカテゴリーを作るほど、

マッサージ関連が好きなことと、

また、

お伝えすること(教えること)が好きなこと、

身体表現であるダンスが好きなことにも、

全て、意味のある繋がりがあったのだと。

 

謎が解けた様な思いで、出かけたのでした。

 

「身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 」 斎藤 孝  著

分類:社会学

斎藤さんは、たくさんの著書がある方ですね。

私は、この本が好きです。

 

*読書案内は週末に掲載致します。

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
「初心忘るべからず」と「初心忘るるべからず」どっちも使える?格言の周辺

世阿弥の有名な言葉「初心わするべからず」です。 年始に好きな格言としてもご紹介致 ...

5
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

6
フェイスリフト継続コース8回目で知った本音

20回受けると変化が定着すると言われています。 アクセス・ボディプロセスで1番人 ...

 - ライターの本棚