アクセスバーズ(Access Bars®)講座ご感想(5)母と子のお家クラス

   

昨年もアクセスバーズ(Access Bars®)クラスを開催させていただきました。

アクセスバーズ(Access Bars®)とアクセスボディプロセス&フェイスリフトのファシリテーターの梨理です。
(たまには長く名乗ってみました。)

当方のこんな方にお伝えしたいという思いと、実際に当方のクラスをご希望される方と。
明確に一致してきた1年だった様に感じます。

多くご希望いただいた、お家クラスの雰囲気を振り返ってみました。

ご本人の意思を尊重する

福寿草

昨年は、母と娘とアクセスバーズ(Access Bars®)クラスを何度か開催致しました。

いずれも、情報に敏感なお母さまが、アクセスバーズ(Access Bars®)良さそう!とキャッチされ、
娘さんを誘ってというパターンでした。

親としては、いいと思うものは娘に強く勧めたくなるものですよね。

お申込時にいつも確認させていただくことがあります。

お嬢様はこのクラスに参加されるかどうか、ご本人の意思はいかがでしょうか?

何事もご本人の意思を尊重するのが大切だと思っています。

受けたいと言われたなら、小学校低学年でも心配要りませんよ。

 

大人と同じ内容のクラスに参加するのです。
お母さまとしては、集中力が持つか、心配なさるのも無理はありません。

アクセスバーズ(Access Bars®)は、16,17歳は半額・15歳以下は無料となっています。
ということは、本人の受けたい気持ちさえあれば、大丈夫だということなんですよ。

しかも、若い時代にアクセスバーズ(Access Bars®)を知っておくメリット。

アクセスバーズ(Access Bars®)クラスで学んだ座学や実習が、今後もし、つらい出来事に遭遇することがあっても、使える杖を持つことになるのではと思っています。

まだ小さいからわかるかでしょうか?

集中力が持たなくてうるさくなってしまうかも。(by小学生のお子さんの母)

などという心配はご無用です。

クラスは選んでくださった方のものです!

参加メンバーによって、ファシリテーターが場作りを変化させていきますから。
ご本人が受けたいと言われたなら、安心してご参加くださいね。

お家クラスにて

小学校低学年のお子さんとご一緒にクラスをご希望の場合です。

遠方から電車を乗り継いで来なくても、勉強部屋からリビングに移動するだけ。
お家でアクセスバーズ(Access Bars®)講座は、いつもの雰囲気で始められます。

「大人1人分の料金でわざわざ来てもらって申し訳ない」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
ご心配には及びません。

未来あるお子さんに参加いただけるのは、私にとっても喜びです。

梅田ー三宮間は+交通費でご家庭まで出張させていだいています。
ちゃぶ台と横になれる場所さえあれば、アクセスバーズ(Access Bars®)クラスができますよ。

まずはご相談くださいね。

お問合せはコチラへ

こんな雰囲気でした

始めは丸1日の学校のお勉強の様に感じて、ちょっと気合が入っていたお子さん。

最初の自己紹介で、アクセスバーズ(Access Bars®)とは楽しいものなんだとわかっていただけだ様です。
ちょっとほっとしたお顔でしたね。

それからはどんどん積極的に。
座学では大事だと思うところは、好きな色の蛍光ペンでアンダーラインを引いていました。
実習ではお母さんより迷いなく進んでいましたよ。
余計な思い込みがないって、強いですね。

そう、アクセスバーズ(Access Bars®)クラスは、
1日の講習があっと言う間に終わってしまうと感じる、楽しいワクワクするクラスなのです。

ご感想&後日談

お母さまの言より。

これは気がラクになりますね。

早速夫にしたり、文章を読み上げたりして楽しんでおります。
夫はどんな風に感じたとか、言わないんですが、してあげようかと訊くと黙って横になるのですよ。
して欲しいんだなと思います(笑) (by K様)

 

そして小さなお子さん、ご感想としてはこの一言。

楽しかった~!

素直なストレート表現。
満面の笑みが可愛らしかったですね。

後日、久しぶりにあった祖父母にアクセスバーズ(Access Bars®)をして差し上げたとか。
良いスキンシップになっていると、お母さまの方からお話を伺いました。

アクセスバーズ(Access Bars®)1日クラスが終わると、
お子さんも大人と同様に、アクセスバーズ(Access Bars®)プラクティショナー資格が与えられます。

私も若いプラクティショナー誕生に関わることができるのは、嬉しいことですね。

お家で家族クラスは、大人おひとり様から出張致します。
日時リクエストも可能な限り調整致します。

お問合せはコチラへ

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - アクセス関連講座 , , , ,