「オリガ・モリソヴナの反語法」-読書案内

   

初出は2012年3月12日です。

今読んでも面白い本なので、リライトしてお送りします。

IMG_9257

「オリガ・モリソヴナの反語法」 米原万里 著

出版社:集英社

分類:日本の小説

ロシア語通訳者であり、エッセイストとしても有名だった米原万里さんが、

生涯に唯1冊だけ書かれた長編小説です。

次の作品を考えないで、

この1冊に全てを注ぎ込こんだという、文字通りの力作なんですよ。

 

本当に面白い本は、時を経てもその価値が減ることはありません。

題名に若干のとっつきにくさがあり、著者は他界されているので、

新たに知る機会が少なくなってきています。

もったいないことなので、改めて取り上げますね。

 

舞踊教師オリガ・モリソヴナの、過去の謎解き物語でもあり、

ソ連時代、国家に翻弄される人々の歴史物語でもあります。

 

私が個人的に忘れられないのは、

流刑地での過酷な状況の場面。

重労働で身体はボロボロなのに、

ひそやかに

ダンサーは踊り、女優は演技し、歌手は歌うことによって

心は救われ、生き延びる糧となったこと。

人間は、本当にパンのみで生きる存在ではないのだと

思わされたシーンでした。

 

ストーリーの圧倒的な面白さで、重い現実もぐいぐい読ませてくれます。

現代史を知らない現代人にオススメの本。

未読の方、是非。

関連リンク

* オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)

*読書案内は週末に掲載致します。

 - ライターの本棚