フリーランスの基礎知識(18) 経費ー固定資産

   

この連載は、フリーランスに興味がある方、

また、成りたてで必要な情報がわからない方を、対象にしています。

超文系ライター梨理による、専門家に学ぶ基礎知識シリーズです。

20160805084120.jpg

前回のお話 経費について

 固定資産とは何を指すのか

ブログ用_2 梨理

前回のお話で、必要経費の範囲と分類について、教えていただきました。
固定資産も経費になると思います。
改めて、固定資産と呼ばれるものとは、何でしょうか?

20160828222153.jpg爽やか先生

固定資産と言われるものは、10万円以上で取得した資産です。
わかりやすい例で言いますと、
・車
・パソコン など。
事務所設備も固定資産に当たりますね。

 

減価償却の計算方法

ブログ用_2 梨理

仕事用に購入した固定資産は、
減価償却していって経費として認められるんですよね。

具体的な計算方式はあるんですか?

20160828222153.jpg爽やか先生

おぉ! 超文系梨理さんも、減価償却の概念はご存じなんですね。

固定資産は、その価値が年々減っていくと考えます。
その減った分を経費として計上できるんです。
資産の種類で耐用年数が決まっているんですよ。

1年分の固定資産の経費=購入金額÷耐用年数 ですね。

ブログ用_2 梨理

主なものの、耐用年数を教えてください。

20160828222153.jpg爽やか先生

詳しくは耐用年数表があります。
先ほど出てきた、車は6年。
パソコンで4年。サーバー用コンピューターで5年です。

ブログ用_2 梨理

意外に短いんですね。
今のパソコン6年目なんですけれど、
帳簿上は価値がなくなってしまうものなんて、なんだか寂しいですね。

20160828222153.jpg爽やか先生

10万円以下のパソコンであれば、経理上は消耗品とすることができます。
固定資産の管理をしなくてもいいという点から、
メリットがあるとも言えるでしょう。
これも選択のひとつですね。

*フリーランスの基礎知識は、毎週月曜日に連載致します。

 - フリーランスの基礎知識 ,