隠れ家アロマサロンとお客様の声

   

身体と心にいいことを実践する文章サポートライター梨理です。

サロンに通い始めの頃

私がサロンに通い始めたのは、もう20年位前のこと。

メンテナンスでサロンに通うのは、一般的ではありませんでした。

今でも、普段使いしている人はまだまだ少ないかもしれませんね。

身体をケアするサロンは、相対的には増えていると思います。

 

当時、サロンと言えば大手か中堅がほとんどでした。

店舗の看板がない、マンションの一室や個人宅などの隠れ家サロンは、

怪しいと敬遠する人も多かったのですよ。

 

その点私は、昔から必要な情報キャッチ能力はある様で、

怖い思いも嫌な思いもしたことがありません。

アロマテラピーとの出逢い

カイロ系身体ほぐしを皮切りに、色々受けてきましたが、

ひとつ目の節目はアロマトリートメントでした。

整体系の痛みをこらえる施術から、身体が緩むというのを始めて知ったのが、

このアロマトリートメントでした。

 

緊張しがちな私の身体には合っていたらしく、

癒され、身体の状態も良くなり、それが長く続くのを実感していました。

アロマ精油の働きに興味を持ち、

2007年にアロマテラピーの資格も取得致しました。

(現在は個人で楽しむ形なので、所属はしておりません。)

 

その後、ボディ探求の道が高じて、

たくさんのボディワーカーさんと出逢いました。

多種多様なボディワークを知ることができ、

最終的には、アクセスボディプロセス™という土台を得ることになりました。

セラピストさんの志を応援する

残念なことに、当時、お世話になったアロマセラピストさん、

ほとんどの方が音信普通です。

HPも跡形もなくなくなっていますから、多分、廃業されているんだと思います。

 

好きな気持ちだけでは、なかなか難しい世界なんですね。

私は、志を持ってサロンオープンしたセラピストさんを、

自分にできる形で応援したいと思っています。

  1. サロンを活用すること
  2. HPでお薦めサロンをご紹介すること(サロン訪問記テーマ)
  3. 感想文ライティングによって、顧客の真実の声を届けること

この3つの形で。

お客様の声の使い方

個人サロンが珍しくもなくなった今は、同業他社が多いとも言えます。

サロン独自の魅力を、どんな風に発信していくかが問われているのです。

もちろん、サロン側の発信も有効なのですが、

他者目線であるお客様の声を、有効活用するのがいいですよ。

 

ただし、本来、お客様にご感想をいただくのは、

余分なことをお願いしているという気持ちを持ってくださいね。

文章を書くのは荷が重いという方は、少なからずいらっしゃいます。

義務的に書かれた感想文は、何の力も持ちません。

癒されに来たお客様が、最後に疲れてしまわない様に、

喜んで書いてくださるお客様にお願いしましょう。

 

感想文ライティングの特徴

お客様に感想文を依頼するのは気が引けるという方に、

当方の感想文ライテイングをご活用ください。

隠れ家サロン・自宅サロンに身銭を切って通い続けたライターだからこその視点で、

実体験して感想レポートを作成致します。

同じメニューであっても、サロン独自のオリジナリティを引き出し、

魅力を最大限に表現致します。

 

ただ、この体験レポートは、必要以上に飾ることは致しません。

サロン様への誠実さは、その先にあるサロンのお客様への誠実さと考えております。

ご希望があれば、顧客目線で気になった部分は別途お伝え致しますね。

* このサービスは、ライターが実際に体験させていただきますので、

全てのご依頼に応えるとは限らないことをご了承ください。

 

* 体験レポート ライティング概要

* お問い合わせ&お申込み

 

参考記事

* ボディメンテナンスとプライベートサロン選び

 - ライティング, サロン訪問記 , ,