「ほんとうの贅沢」吉沢 久子 著

   

*初出は2015年です。
今に繋がる記事ですのでリライトしてお送りします。

毎日たくさんのブログを読んでいても、なんとなく縁遠くなっていくブログもあるものです。
文章サポートライター梨理です。
更新に気づいたら必ず読んでいたのにどうしてかな・・・?

分析してみると、そのブログはいつの間にか、上からモノを教えるスタイルに変化していたのでした。

人というものは、自分が会得したものは、良かれと思って、教えたくなってしまうものだから・・・。
ブログでも実生活でも、余分なひとことが無いように、自戒したいと思います。

2019年3月にお亡くなりになった、吉沢久子さんの本です。
本日ご紹介するのは、人生の大先輩のエッセイです。
全然上から目線ではなく、親しい友人からとお話しているように、素直に入ってきます

「ほんとうの贅沢」吉沢 久子 著

 

タイトル:ほんとうの贅沢
著者:吉沢 久子
出版社: あさ出版
出版年:2015年1月
分類:日本のエッセイ

著者は人生の大先輩。(2015年に御年97歳)
なのに、その主旨には、”そうそう!”と意気投合したくなるぐらいの柔らかさを感じます。

大切なものは自立。
自立とは、自分の頭で考え、考えたことを行動に移せること。

日々の暮らしをコツコツと、なんですね。
その延長に、ほんとうの贅沢な暮らしがあるのでしょう。

個人的エッセンス

* 大切にしているからこそ、相手の価値観にも、
境界線以上に踏み込まない。

* 相手を尊重しない人の言葉は、正しかったとしても
心に響かない。

自立した人間関係を、大切に思う方へ。
目指す年の重ね方の、気づきを促す本です。

関連データ

 

タイトル:ほんとうの贅沢
著者:吉沢 久子
出版社: あさ出版
出版年:2015年1月
分類:日本のエッセイ

 - ライターの本棚