パソコン作業をスピードアップ

   

パソコンが苦手でと言われる方のほとんどは実はできるお方。
「昔やっていたけれどバージョンアップしていません」
という方々なのです。

あるいは
「自己流で結構使えているけど基礎は知りません」
という方々。

そんな方々の為にパソコン作業が早くなる小技集をまとめました。

文章サポートライターの梨理(りり)です。

逆に、全く初めての方には難しいかもしれません。

慣れてきて、もう少しだけスピードアップしたいと思った時の為に、
ブックマークしておいてくださいね。

時短の王様:ショートカットキー

パソコン処理能力が早くなるかは、一番には、
ショートカットキーをどれだけ使っているかにかかっています。

マウスを使わず、キーボードだけで処理するので手の移動距離がないのですね。
頻度が高いものだけ覚えるので十分です。

お馴染みの定番

コピー(Ctrl+C)・切り取り(Ctrl+X)・貼り付け(Ctrl+V)

*ctrlキーを押しながらCのキーを押す。
以下同様。

それだけでは物足りなくなってきた時、次に覚えるショートカットキーがこちらです。

本気で全部覚えたい方の為にアルファベット順に並べてみました。
多いと思う方は青字だけでもどうぞ。

1 Ctrl+A 全て選択する
2 Ctrl+D 図形を複製する
3 Ctrl+F 文字列を検索する
4 Ctrl+H WEBの履歴を確認する
5 Ctrl+O 文書を開く
6 Ctrl+P 印刷する
7 Ctrl+S 文書を保存する
8 Ctrl+T 新しいタブを開く
9 Ctrl+Z ひとつ前に戻る
10 space ブラウザで1Pスクロール

文書の自動保存の機能が充実していなかった頃、
こまめに文書を保存するのに、ショートカットキーを多用していました。
これでずいぶん助けられましたね。

最後にもうひとつ。
後で仕事で使うけれど画面上はスッキリさせたい時。

全画面を最小化。
キーボード左下にあるWindowsキー+M

見た目はスッキリで、新たな起動時間がかからないので時短になります。

漢字変換スピードを速くする小技

1.辞書登録機能

知っている人と知らない方の差が大きい機能ですね。
ブログ講座の途中でお伝えしたら喜ばれることも。

パソコン右下のあを右クリック⇒単語の登録画面で登録です。

辞書に登録するのは難しい漢字や姓名だけではありません。
定型文章やメルアドを登録しておくと便利ですよ。

2.変換候補を一度に出す

同音異義語が多い漢字の場合、変換しても目指す漢字がなかなか出てきません。
そんな時の時短技。

Spaceキー+Tabキーで、変換候補を一覧に出すことができます。
後はSpaceキーで選んでEnterキーで確定。

目的の漢字が素早く見つけられますので、
地味にストレスが解消されますよ。
お試しくださいね。

Wordでテキスト作成の便利技

ブログ講座

テキストまでとはいかなくても、Wordでちょっとしたレジメなど作ることは多いもの。
最新情報を提供するためにはこまめな内容変更も必要ですよね。

そんな時に使える機能です。

1.変更履歴の作成

文章に加えた変更点が記録されます。
文書完成までの思考・プロセスを振り返ることができます。

校閲タブ⇒変更履歴の記録ボタンをクリックで始まります。

次回文書の作成の参考にしたい方にお薦めです。

2.コメント機能

テキストに自分だけの補足事項を載せたい時は、コメント機能が便利です。

挿入タブ⇒コメント

このふたつの機能は印刷するかどうかが選べます。

自分だけの資料を別途作る必要がなくなります。

印刷⇒全てのページを印刷⇒変更履歴コメントの印刷

初期値ではチェックが入っています。
クリックしてオフにすると表示されなくなります。

なんでも一人でこなしているフリーランスの方の為の、
ちょっとお役立ち情報でした。

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
【人見知りでも人が大好きインタビュー】(11)イメージコンサルタント れいかさん

人見知りでも人が大好きインタビュー 文章サポートライター梨理による、魅力ある方々 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 それから2年の ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - PC&スマホの時短技