心穏やかに毎日を過ごす秘訣

   

何ものにも動じない、強い心を持ちたいと思ったことはありませんか?
独自のルーティンワークを持つアスリートは精神的にタフですよね。

普段通りのルーテインには、精神を安定させる力があります。

いつも通り心穏やかに暮らすことを心がけています。
文章サポートライター梨理です。

用意周到、その根底にあったもの


子どもの頃は「明日の準備しなさいよ~。」と言われませんでしたか?

私は、率先して準備するタイプの子どもでした。
(それでも忘れものはありましたよ。)
優等生とはまた違いますね。

臆病だったから。
失敗することを極端におそれていました。

パフォーマンスを上げるためではなく、失敗しないための準備だったのです。

突発的事項に対応する自信がないから、あらゆる準備をガチガチに固めてする。
後ろ向きの理由でしたね。

同じ準備でも、心配からくるものか、明日のパフォーマンスUPのためのものか。
意識の向け方で、ずいぶん結果は変わってくると感じています。

不安遺伝子と怖がりさん

日本人は不安遺伝子が多い民族、という説があります。

歴史的にも、災害の多い国に住んでいることもあるのでしょうか。
なんだか納得してしまいます。

ちょっとしたNewsにも敏感になる要素があるのでしょうね。

私も怖がりさんを自称していた頃もありました。
(それも歴史とプライベートブログには残しています♪)

繊細さをアピールしてもいいことって別にないですよ。

それは自分を小さな器に閉じ込めること。
自己を尊重する気持ちをなくすことに繋がります。

私たちは、心優しい繊細さだけではなく、大局を見る大胆さも合わせ持つことができるんです。

そうありたいと思うなら。
世界はあなたが見ているように動くから。

私たちは、自分のフィルター(色眼鏡)をかけて、この現実を見ているのです。

それでは、肯定的な未来に繋がるにはどうしたらいい?

落ち着いたまなざしを持って、耳をすましてみてください。
今までとは違った景色を発見することでしょう。
目に映ったもの、聴こえるもの、そこに解決のヒントがあるのです。

今、できることって何でしょうか?

いつも通り、穏やかな毎日を過ごす私でいること。
変わらないあなたの和やかな雰囲気は、周囲をまろやかな空気に変えることができます。

さざ波が広がって・・・穏やかな世界が広がり始めます。

ひとりひとりが、最初の小石になればいいだけのことなのです。

春は環境の変わる季節

環境が変わることが多い春。

好むと好まざるとに関わらず節目の季節になってしまうもの。
新しい仕事、慣れない環境、人間関係・・・。

インタビューセッションが多いのも3~4月です。
同じ言葉も、光の当て方によっては思いもよらない気持ちが生まれるもの。

自分の力で新しい選択をすると決めたなら、事態は面白いほどに動き始めます。

インタビューセッションの詳細はコチラをご覧ください。

お問い合わせはコチラへ

 - インタビューセッション, アクセス・コンシャスネス