アクセスバーズと一緒にできるボディプロセス、遺伝的で強制的な・・・

   

アクセスバーズ(Access Bars®)とアクセス・ボディプロセス™は、

一度のセッションで同時に受けることはありません。

例外的に一緒にセッションして良いものが4種類あります。

(2017年8月現在)

先日ご紹介致しました

* TSS

* 回路網

既にご希望によりセッションに追加しています。

良い感じが続いていますので、新たに3つ目のメニューをアクセスバーズ(Access Bars®)への追加を試してみました。

メニュー名のわかりにくさ

アクセスバーズ(Access Bars®)と一緒にできる、ボディプロセスメニュー。

先の2つが効果があるなら、何故すぐこちらも取り入れなかったのでしょうか?

 

それには名前もありますね。

”遺伝的で強制的な疾患の ・・・”

翻訳された言葉ですから、完全にピッタリの意味は難しいとは思いますが、ためらいがあったというのが正直なところです。

遺伝的で強制的な疾患?

お客様に過大な期待を抱かせてしまう懸念もありました。

 

当方にお越しのクライアント様の大半は、セルフメンテナンス・家族へのメンテナンスの為です。

一生、自分の力で健康に暮らすことを求める方ですね!

健康維持と予防目的のクライアント様に、急いで取り入れる必要も感じていませんでした。

 

とはいえ、4種類のうち2種類に良い作用があったということは、後の2つも使ってみないともったいない。

そこでリピーター様にモニタリングさせていただきました。

 

遺伝的で強制的な疾患の ・・・

さて、これはどんなメニューなのでしょうか?

例えば、私たちは、家族が大きな疾患を経験していたら、

自分も同じ疾患にかかるという思い込みがどこかにないでしょうか?

 

このメニューは、自分には遺伝的で強制的な疾患がある、と思い込んでいるところを手放していくものです。

これならセルフメンテナンス目的にでも、軽やかに使える気がしませんか?

更に大きくとらえるならば、病気だけではなく、家族ぐるみの思い込みやルール、捕らわれていた習慣も含みます。

そう思うと、積極的に使っていきたいメニューへと変化しました。

 

リピーター様には、アクセスバーズ(Access Bars®)セッション中にこちらのボディプロセスを、追加モニタリングさせていただきました。

急に足の裏が温かくなった。気持ちがいいわ~!

と言われましたのでこちらが驚いた次第です。

 

”今からボディプロセスを追加します”

と、わざわざスタート時点を告げなかったのに、お身体は即座に反応があったからです。

このメニュー、傷跡にもいいとされています。

 

リピーター様のフィードバックは本当にありがたいです。

気持ちの良いこのボディプロセスも、リピーター様でご希望の方には追加させていただくことになりました。

アクセスバーズ(Access Bars®)が初めてでしたら、まずは、アクセスバーズ(Access Bars®)そのものを体験・実感してくださいね。

2回目以降の方にはご希望があれば追加させていただきます。

 

追記:2022年現在、”遺伝的で強制的な疾患の ・・・”セッションのみの提供となり講座はありません。

関連リンク

* アアクセスバーズ(Access Bars®)セッション 詳細

* アクセス・ボディプロセス™ クラス詳細

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

アクセスバーズ 2
アクセスバーズ(Access Bars®)は語らない

アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったのは2015年3月。 キャッチ ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
ビジネス苦手なフリーランスの頼りになる本まとめ

ひとりで仕事をしていくメリットは全部自分でできること。 逆にデメリットは、苦手な ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - アクセス・ボディプロセス ,