【人見知りでも人が大好きインタビュー】(9)アクセサリー作家 めみださちほさん

   

人見知りでも人が大好き インタビュー

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々、勝手にインタビューシリーズです。

第9回にご登場いただく方は、アクセサリー作家 めみださちほさんです。

【人見知りでも人が大好きインタビュー】シリーズ執筆目的のひとつに、

ご自身の魅力を自然な形で発揮されている方の、お仕事のエッセンスを引き出し、

これからの方へのヒントになればという思いがあります。

 

めみださんは昨年秋、初めてテラヘルツを使ったアクセサリーを発表されました。

またたく間に、作品を公開すればすぐに注文されるアクセサリー作家さんに変貌を遂げました。

 

手仕事の魅力ー刺し子

(刺し子のアイピロー)

手仕事の完成作品をブログに発表して楽しんでいた、めみださん。

まず、アクセサリーに限らず、手仕事の魅力から教えていただけますか?

手仕事の魅力なら何でも聞いてください(笑)

シンプルな刺し子の魅力からお話ししましょうか。

 

刺し子は基本は波縫いです。

印刷されている図案をただ刺していくので、頭を使いません。

一目一目を刺していくのが、私に還る、瞑想の様な時間なのです。

元々完成するのが目的というより、刺している時間が大切だったんですね。

 

刺し子はシンプルなので、作品はどんどんできあがっていきました。

始めは欲しいという方に差し上げていたのです。

そのうち、一生懸命に作ったものだから欲しい方には対価をいただく様に、

アドバイスをいただいたのが販売のきっかけでした。

 

その言葉をかけてくださった方は、額に入れて飾ってくださっています。

気持ちが落ち着くからと、肌身離さず置いてくださっている方もいらっしゃいます。

最初は、刺している時間が心地良かっただけだったのですが、

喜んで購入してくださる方が増えているのが、今の状況なのです。

 

刺し子の魅力は、頭を使わない、刺している時間にもあったのですね。

私が大切にしているのは、柿の種をまいて8年後の未来を想像するワクワクではありません。

今この時、種をまくこと自体に楽しさを求めたいのです。

刺し子はシンプルにそんな時間を味わうことができます。

私は他の手仕事、レース編みなどもしていますけれど、それには少々頭を使いますね。

刺し子はハードルの低さも魅力なんですよ

 

これから手仕事始めたい方にも、刺し子は最適なんですね。

手仕事には、他にどんな楽しみがあるのでしょうか?

それは何と言っても、好きな材料や道具に徹底的にこだわることですね。

例えば、刺し子なら図案は元々ある訳ですから、

  • 気に入った図案を選ぶ。
  • 好みの色の糸を選ぶ。
  • 使いやすい針を選ぶ。
  • 手仕事グッズを収納するものも、可愛いものを選ぶ。

自分のテンションが上がるものを、身の周りに置いて楽しむことができるんです。

私は、好きなものを身の周りに置くことに、妥協しないことを心がけています。

作品作りで大切にしていること

(テラヘルツのピアス)

現在、めみださんのハンドメイド作品で、点数が多いのはアクセサリーの様にお見受けします。

アクセサリー作品についてはいかがでしょうか?

そうですね。現在のメインはアクセサリー作品になっています。

テンションの上がるものを作りたいと思っているので、アクセサリーはぴったりなんですよね。

 

デザインは私が考えるのではなく、どこからか降ってるんです。

お客さんから、”こんなの作って!”とオーダーされることもあります。

お待たせすることを了承していただいてから作り始めるのです。

乗っているとたくさん作れてしまったりして、”もうできたんですか?”と驚かれるぐらいです。

 

作品作りで、めみださんが大切にされていることはありますか?

”作品完成までには、ものすごく時間をいただきます。

私自身が心地良いエネルギーの時にしか作りません。”

 

それだけをお約束したら、気長に待ってくださるお客様ばかりが来られる様になりました。

納期をせかされることはないので、プレッシャーは全くありませんね。

 

作品を販売される様になってから、何か変化はありましたか?

販売を始めてから、先輩作家さんのジュエリー講座を受けてマインドが変わりました。

それまでは、”こんなの作ったから見て見て~。”と発信したら、

”私にも作って~。”という感じだったのオーダーだったんです(笑)

 

それが、お客さんの為にもっといいものを作りたい。

もっと喜んでくれるものを作りたい。

いい意味で作家としての欲が出てきましたね。

 

講座を受けたことで、私は私でオリジナルな作家になれる!と感じて帰ってきました。

それから自分でもプロらしくなったと思っています。

テラヘルツとの出逢い

テラヘルツを使ったアクセサリーも増えていますね。

めみださんのオリジナリティなセンスを感じさせます。

テラヘルツがお好きになった経過を教えてください。

それには姫川薬石との出会いからお話しする必要がありますね。

ブログにまとめてありますので、そこは読んでいただくとして(笑)

姫川薬石を知った流れから、テラヘルツの魅力を再認識したのです。

 

ご存じの方も多いと思いますが、太陽からテラヘルツ波は地球に降り注いでいます。

私達の身体に良い周波数を持つ電磁波なんですよ。

そのテラヘルツ波を固めた石を、色々なサイトで探していたんです。

 

そこで、私の波長と合うお店との出会いがあり、テラヘルツを取り寄せました。

自分の為に、姫川薬石とテラヘルツを組み合わせたブレスレットを作ったのが最初です。

それからピアスやペンダント・・・デザインも色々増えてきました。

オーダー作品とネットショップ

現在では、ネットショップanemonee経由のお客様も多いのですか?

ブログでは作品全部を陳列できないので、

カタログ的に見ていただくためにネットショップを設けました。

写真を見て直接オーダーしてくださる方も多いかな。

 

もちろん、ネットショップ経由で即購入くださる方もいらっしゃいますよ。

でもね、発送して終わりでは私がつまらないんです。

 

わたしは、お客様とやりとりしたいんです!

こんなものもありますよと、相談しながら作るのが楽しくて。

梱包も1日ひとり、丁寧にマイペースでやりたい。

ひとつひとつをエネルギー調整をして送り出します。

やりたいからやっているので疲れないんですよ。

めみださん流お仕事術

仕事というと、無駄を省き効率化するのが当然という印象があります。

めみださんの場合は、ネットショップで購入完了のスピーディさではなくて、

お客様との直接のやりとりを、心から楽しんでいらっしゃることがわかりました。

めみださん流のお仕事方法を教えていただけますか?

そうですね。

私は石を通じて、波長の合うものの見つけ方が上手くなりました。

石でも植物でも機械でも、意識があると思ってお話する様にしていると楽しいですよ。

 

随分前になりますが、ある石を持った時にバイブレーション(自分との共鳴)を感じたのがきっかけで、

今では、ネットショップの写真だけでも、自分に合うお店を見つけられる様になっています。

皆さんもそれぞれ、独自のお気に入りの見つけ方を持っていると思います。

その感じ方を磨いていくことですね。

 

お客様と何回もやりとりしている過程で、エネルギー交換といいますか、相互理解が深まります。

結果、満足のいく作品を手渡しすることができるんです。

皆さんリピーターさんになってくださるので、この方が効率がいいんですよ。

 

以前、新作ペンダントと初期に作ったピアスが、一緒に売れたことがありました。

なので、ずっと売れない作品があったとしても全然焦りませんね。

いつか必ず、持ち主さんが見つけてくださいますので。

ある意味、アクセセリーは持ち主を知っている様にも感じます。

 

ストレスなくお仕事ができる様になったのは、何故でしょうか?

最初に決めたんです。

わたしがすごく幸せで楽しい世界を創って行こう!

 

決めると現実は動きます。

オーダー状況も、お客様の方で上手に調整してくれている気がするぐらい。

気持ちが高まっている時には、一気にいくつも作ることができます。

そんな時は時間を忘れていますね。

全く負担感がなく、いい感じでお仕事が回っています。

 

今の私のモットーは、”遊ぶ様に仕事をして、仕事をする様に遊ぶ。”

義務感ではなく、ワクワク楽しく仕事を進めていきたいですし、

集中力を持って真剣に遊びたいのです。

それを実行できているから毎日が楽しいのでしょうね。

取材を終えて

今回はアクセサリー作家として急成長の、めみださんにお話しを伺いました。

実はめみださん、何やら楽し気な、

「ノリノリで本当の夢を叶えよう~♪」【ノリかなプロジェクト】も主宰されています。

ココに、めみださん流お仕事の秘訣がありそうですね。

今後の動向にも目が離せない、アクセサリー作家 めみださちほさんでした。

関連リンク

* サロンアネモネ HP

* MIMURA STYLE (お気に入りとケイ素・テラヘルツのブログ)

* ネットショップ anemonee

 - 人見知りでも人が大好きインタビュー