「羊と鋼の森」 宮下 奈都 著

   

この本を最初に知ったのは、本屋大賞が大好きな読書会の仲間からでした。

文章サポートライター梨理です。

第13回本屋大賞受賞作なので、間違いないだろうと。

なんとご本人も読まれる前に、題名だけ先にご紹介されたのです。

その後も幅広い年代の方から薦められた本です。

 

読書は個人的好き嫌いが出やすい分野ですから、珍しいと感じましたね。

個人的には、タイトル・装画・装丁に惹かれて読み始めました。

「羊と鋼の森」 宮下 奈都 著

主人公はピアノの調律師。

あまり知られていない世界ではないでしょうか?

プロフェッショナルな職業ものが好きなので、

その点も期待しつつ物語の世界に入っていきました。

表題:羊と鋼の森

著者:宮下 奈都 

出版社:文芸春秋

出版年:2015年9月

分類:日本の小説

個人的エッセンス15

  1. 具体的なものの名前を知っていて、細部を思いうかべることができる強味。
  2. 調律の精度をあげると、弾きこなせないこともある。
  3. 森は深い。それでも引き返すつもりはない
  4. 原民喜のあこがれている文体を音になぞらえる。
  5. 依頼主のイメージを具現化する先が調律師の醍醐味。
  6. はじめから望んでいないものを取りこぼしてもつらくない。
  7. ピアノの基準音のヘルツが上がっていっている理由とは。
  8. 音楽は競うものではなく、競ったとしても楽しんだもの勝ち。
  9. 継ぐものがあるなら、もうすでに体の中に継がれているのではないか。
  10. わがままがでる時は自分を信用するといい。
  11. 努力と思わずできること想像を超えた可能性が広がる。
  12. どんなことでも1万時間(5・6年)でものになるはず。
  13. ピアノのタッチとは鍵盤の軽さではなくて、ハンマーが弦を打つ感触
  14. ピアニストの中にない音は弾くことができない。
  15. 生への祝福のピアノの音色。

読み終えて

第13回本屋大賞はもちろんのこと、

幅広い年代の方が推す理由がわかった様な気がします。

主人公は天才肌ではない、ごく普通の若い男性なのです。

素直な主人公の視点で物語は進んでいきます。

 

元々音楽の素養があった訳でもないのに、

ある日突然調律師の世界に魅せられて、ひたすらコツコツと修行を続ける。

そこに読者は、忘れていた真っ当な生き方を思い出すのかもしれません。

音楽好きでなくても、読書好きな皆様にはお薦めしたい本です。

 

偶然、この本を読んだ直後の週末に、この本を原作とした映画が公開されると知りました。

映画も評判が良さそうなので楽しみですね。

書誌データ

* 羊と鋼の森 (文春文庫)

表題:羊と鋼の森

著者:宮下 奈都 

出版社:文芸春秋

出版年:2015年9月

分類:日本の小説

 

* 羊と鋼の森 オリジナル・サウンドトラック SPECIAL(AL2枚組)

* 羊と鋼の森 ピアノ・コレクション(AL)

 - ライターの本棚