「老後不安がなくなる 定年男子の流儀」-読書案内

   

現在サラリーマンで、定年後にフリーランス予定の方もいらっしゃることでしょう。

文章サポートライター梨理です。

本日ご紹介する本は、定年直前の方だけでなく、

50代に差し掛かった方にも、定年後をイメージできる良書と思います。

「老後不安がなくなる 定年男子の流儀」 大江 秀樹 著

出版社:ビジネス社

分類:企業・経営

現状を知るー悲観的になりすぎない

  • 公的年金受け取りを70歳にするだけで、受け取り額は約4割増しに。
  • 55歳定年時代は、公的年金まで自分で仕事を見つけるのが当たり前だった。
  • シニアの起業はは30・40代の起業より小リスク
  • 自分の居場所を見つける。

企業理念を定める

  • 企業理念は命
  • 自分の仕事で、やることをやらないことを決める。
  • 使うツールは変わっても、軸はぶれない
  • 事業計画と検証を繰り返していく。

起業で大切なこと

  • 棚卸は他人にお願いすると良い。
  • 営業・財務・制作・研究開発・広報・管理・経営企画をひとりで兼ねる。
  • 向いている人はマメな人。
  • シニア起業に大切なのは、効率より効果
  • 品質を落とさず、好きな仕事を楽しむ。

起業を支える言葉

どんなに黄金を積まれても決して自由を売り渡してはならない。

(クロアチアのロヴリイェナツ要塞)

 

好きなことを仕事にすれば、一生働かなくて済む。

仕事は楽しみであり苦役ではない。(孔子)

 

林住期の50歳~75歳は、人生の黄金時代。

自分のために働く。(五木寛之)

ひとりになって、会議の為の資料作りなどの仕事がなくなり、

ストレスがなくなったと、著者の言葉にもありました。

定年に向けて悲観的にならず、

できることから楽しく準備する気持ちになれる本です。

書誌データ

* 老後不安がなくなる 定年男子の流儀

出版年:2017年6月

出版社:ビジネス社

分類:企業・経営

 

 

 

 

 

 - フリーランスの基礎知識, ライターの本棚