「おいしく世界史」ー読書案内

   

今回はぐっと趣味側に寄った本をご紹介致しますね。

文章サポートライター梨理です。

美味しいもの、世界史(主にヨーロッパ)、文化史がお好きな方には、

1冊で何倍も楽しめる本ですよ。

「おいしく世界史」 庭乃 桃 著

出版社:柏書房

出版年:2017年9月

分類:衣食住の習俗

個人的エッセンス

  • ハーブとスパイスの違いについて、ヨーロッパでは共通の感覚がある。
    ハーブは庭などに当たり前に生えていて、馴染み深いもの。
    スパイスは、エキゾチックの異国のもので高価。料理を美味しくしてくれるもの。
  • ハロウィーンのオレンジ色のかぼちゃの発祥はアメリカ
    季節的に商業的な端境期だったので、広告を通じて広まった。
    ヨーロッパでは、アイルランドやスコットランドに残るハロウィーン文化がある。
    国・地域・人により温度差のあるイベントである。

コンセプトエッセンス

  • 食文化には、何を大切に想ってきたのかということが含まれている。
  • 人が大切に想い、おいしいと想っているものを知ることは重要である。
    それは相手に敬意を払うということ。

読み終えて

著者は料理・食文化研究家です。

コンパクトなサイズの本ですが、食の文化的・歴史的背景はぎっしり詰まっています。

ヨーロッパの四季の移り変わりの話題は、文学作品を読んだ時を思い出しますね。

引用史料も豊富で、巻末には読書案内もあり、

知的好奇心が充分に満たされる親切な作りになっています。

 

また、使われている写真のほとんどは、著者自ら撮影したものだそうです。

レシピも一目で見てわかりやすかったですよ。

(お料理好きな方には嬉しいですね。)

食と歴史と料理レシピを組み合わせたコンセプトは、

第2弾・第3弾も待ち遠しくなる本でした。

 

余談ですが、本を読んだ後に著者のブログを訪れました。

レシピ充実のサイトで、ブログタイトルも個人的好みなんです。

愛・LOVE・ブロガーとしても、またひとつ、

読む楽しみのあるブログを見つけるのは嬉しいものなんです。

* しみじみ*ご飯

書誌データ

* おいしく世界史


出版社:柏書房

出版年:2017年9月

分類:衣食住の習俗

 - ライターの本棚