「るろうにほん 熊本へ」-読書案内

   

今年も身体と心に良い本を中心にご紹介していきます。

文章サポートライター梨理です。

私のこれから読む本を見つける場所は、

  • ブログサーフィン中にアンテナに引っかかってきた本
  • 新聞や雑誌や書評欄で
  • 本屋さん巡りで
  • 図書館の新刊の棚
  • 読書会でのご紹介

と入り口はたくさんありますよ。

今年最初は、お正月に薦められた本を皆様にもご紹介しましょう。

人から直接紹介されるのは珍しいので新鮮でした。

自分では見つけられていない本ですから。

「るろうにほん 熊本へ」  佐藤 健 著

出版社:ワニブックス

出版年:2017年4月

るろうにほん 熊本へ


俳優である著者が、熊本の旅で会った、魅力的な人々をインタビューしていく本です。

取材対象者の方々が本当に魅力的でしたね。

誇りを持って仕事をしている方のお話は含蓄があります。

私もインタビューが大好きなので、ワクワクしながら読み進めました。

 

著者が訪れた場所を自分も訪ねてみたいと思えますので、

観光案内本としても優れていると思います。

自然も、その中の人物も写真も大変美しく、

俳優、佐藤健氏のファンの方には写真集感覚の

楽しみもあるのではないでしょうか。

 

一番印象的だったのは、震災で楼門と拝殿が全壊した阿蘇神社の写真でした。

熊本の方の心の拠り所、熊本城と阿蘇神社の被災状況は、

予想を超えていました。

重要文化財でない部分は、自費で再建しなければならないのだとか。

再建までには長い年月がかかると予想されています。

 

熊本・旅・仕事インタビュー・佐藤健氏・震災復興 

これらのキーワードのどれかひとつでも引っかかる方には、

お読みいただきたい本です

この本の売り上げの一部は、熊本の地元自治体に寄付されるそうです。

本を買うのも、熊本の物産を買うのも、観光で訪ねるのも、

全部復興応援に繋がりますよね。

自分にできる復興応援を考えてみませんか。

 - ライターの本棚