ワードプレスをホームページにデザインする(4)

   

IMG_9032

 

ふたつのWebデザイン

ひとくちにWebデザインといっても、ふたつの意味があるのをご存じですか?

 

1.表に見える、写真・レイアウトを含めたデザイン。

見た目のデザインで注意するのは、あまりに芸術に走りすぎないことです。

個人の好み全開にしないことでしょうか。

何のサイトか、見やすくわかりやすくが一番ですね。

ブランディングにも繋がれば、なお良し。

 

2.裏で動いている、プログラムのデザイン

WordPressで簡単に作ろうとしたら、テンプレートのテーマを選び、プラグインを追加していく形。

元々、英語圏のものなので、プラグインも英語表記が多いです。

プログラミング言語・英語が?な方には、デザイナーさん頼りですね。

完全文系人間な私も、お手上げ状態でした。

この部分だけでも、WordPressでHPを自作するのは、ハードルが高い気がしました。

 

画面イメージは、第一印象

シンプルなワードプレス(以下WordPress)の画面から、

大体のレイアウトが決まり、写真画像が入り、ビジュアルが大きく変わりました。

とたんに、記事更新の意欲も高まります。

視覚から来る、第一印象はあなどれないことを、身を以て感じたのでした。

  • ロゴ作成
  • 文字配色
  • レイアウト
  • 写真撮影
  • 写真加工

共有イメージができているので、変更は微修正で進んでいけます。

前回の自作HPでは、基本イメージのカラーコードを探すのに迷い、

違和感のない配色に苦労しましたので、助かりました。

また、サイドバーの内容も、プロの目で提案していただいたので、

シンプルながら必要な要素は揃いました。

 

最終決断のポイント

たとえ、全部一任したとして、素晴らしいものを提案されても、

最終的には、依頼者が決断しなければなりません。

もし、イメージとほんの少しだけ違うものを、提案されたらどうしますか?

こだわりすぎても進みませんが、妥協すると後悔します。

  • デザインの意図を訊く
  • 外せないポイントを伝える
  • 違和感の理由を一緒に探る

ひとつの修正に、このディスカッションを重ねました。

また、ずっと同じものを見ていると、脳も固まってきます。

  • 信頼できる第3者に見てもらい、第一印象を尋ねる。

ことも有効でした。

実際の訪問者と同じ立場ですから。

こうして、満足度の高い、HPが完成したのです。

 

明日は、最終回です。

お楽しみに。

 - WordPressでHPを , ,