【大江橋】上品なおばんざいの割烹小森のランチ

北新地のビジネスランチ、ゆるりと再開しています。

愛・LOVE・ブロガー梨理(りり)です。

前々から気になっていた、割烹小森さんのおばんざいランチに行ってきました。

割烹 小森

割烹小森さんは、北新地のクオリティ高いランチの激戦区にあります。

京阪大江橋駅から徒歩約3分、JR北新地駅から徒歩約5分の便利な位置。

人気の高いおばんざいランチのお店です。
北新地でランチ巡りをしているなら、

「堂島アバンザの近くの三角地帯の北側のビルの2階、
1階には目印に看板があるよ。」

と聞けば、小森さんを探し当てることができると思います。

詳しくは最後に地図を載せておきますね。

コモリ

私がうかがったのは13時すぎ。

ランチタイムは11時半~14時までです。

この時間では売り切れの時もあるようですが運よく滑り込めました。

初めてのお店、ちょっとドキドキしながら2階への階段を上がります。

お昼のピークは過ぎた静かな店内でした。

 

個人的にポイント高いお店は、
初めての人にも常連さんにも気持ちの良い対応のところ。

その点で、小森さんが北新地のビジネスランチの中でもかなり好感触でした。

 

L字のカウンターと4人掛けテーブルひとつの、こじんまりと落ち着いた店内です。

カウンター内でお料理されているご主人と上品な女性のおふたりで
切り盛りされているようでした。

ソーシャルディスタンスを取れる場所に案内してくださいました。

後から来た方へもこまめに誘導されていて、
お客さん全員がゆったりお料理を楽しむ体制でしたね。

北新地という場所柄、ランチ営業は致し方なくという雰囲気のお店もあります。
重々わかっていてこちらも伺っています。

それでも、このランチのひとときを大切に案内されると嬉しさ倍増なのです。


涼し気な箸置き


マスクケースの心配り

常連さんにも初めての人にもいい感じに接してくださいます。

お昼のランチメニューはおばんざい9品のみ。
改めてオーダーしなくても大丈夫です。

すっかりくつろいで、ワクワクと運ばれてくるのを待っていました。

 

お昼のランチのおばんざい9品


豪華な全体像


左側:枝豆の冷製スープ

柔らかく上品なお味。
暑い外から入ってきたので美味しく沁みます。

 


浅利のごはん

ちょっとわかりにくいんですけど
青物もあって涼し気なご飯でした。
しじみのお味噌汁との相性もイイ!

 


懐かしい母の味のようなおばんざいが9品

どれも熱々です。
作り手の丁寧さが伝わるお料理でした。
ゆっくり身体が喜びながら味わっていました。

「ご飯のお代わりいかがですか?」

とお薦めのお声。

ちょうど良い量だったのでご遠慮しました。
(美味しかったので気持ち的にはいただきたかった)
男性の方だったらご飯お代わり入れてちょうどいいかも。

おばんざい9品は女性にピッタリ。
しかも、この後デザートまでついていました。


爽やかなようかんとゼリー

緑茶がまた美味しかったのです。

1時間未満のランチタイムでおおいにリフレッシュできました。

女性人気が高いのも納得ですね。

この内容でお値段は税込1000円
せめて新札でランチのお礼を伝えたのでした。

 

居心地の良いランチ


帰りは売り切れでした。

お茶は冷たいものか温かいものか選べたり、ご飯のお代わりをおすすめされたり。
ぬくもりのあるおもてなしの小森さん。

柔らかなお味のお料理から丁寧なお仕事ぶりを感じます。

接客もお料理も満足、心と身体が喜んだお店訪問でした。

 

小森さんのランチはオーダーせずとも9品のおばんざいランチが出てきます。

そしてもうひとつ、美味しそうな鰻重ランチ(2500円)もあるんですよ。

満足そうに出ていかれるお客さんが
「来週は鰻重をお願いします。」
と予約されていました。

おばんざいがこんなに美味しかったら鰻重も間違いないでしょうね。

再訪したいお店となりました。

(2021年7月訪問)

* 記事内容は訪問時のものです。
記事写真や本文の著作権は放棄しておりません。

お店情報

割烹 小森
住所 大阪市北区堂島1-2-11 山本ビル 2F
電話 06-6343-3470
ランチタイム 11時半~14時
定休日 不明
公式 なし
地図

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA