「おすすめ」言葉と漢字の選択

   

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。

その選択理由は、常用漢字であったり長年の勘であったり様々ですよね。

文章サポートライター梨理です。

 

別に文学者でなくても、一人前の社会人として適切な言葉を使いたいもの。

この気持ちにピッタリな言葉は何だろうと迷うことはありませんか?

そんな言葉と漢字の選択を探ります。

今回取り上げる漢字は「おすすめ」(お勧め・お薦め・お奨め)です。

おすすめ

おすすめ。

プライベートブログを書き始める前、おすすめという言葉に使う漢字は”お勧め”の一択でした。

始めた動機も個人的なお勧め(いいと思うもの)を、価値観の合う方に紹介したいという気持ちから。

その想いは、心と身体にちょっといいことをお届けする、

公式ブログのコンセプトに引き継がれています。

 

1.お勧め

常用漢字。

励ます。誘って仕向ける。

手元のコンパクトな辞書では(奨める)ともありました。

お誘いするとか、促すとかいう意味合いが入っています。

勧誘・勧告という言葉にもこの漢字が入っていますね。

相手の行為を促す時に使う漢字なのですね。

 

2.お薦め

常用漢字。

推挙する。推薦する。

たくさんの候補の中から、良いモノをおすすめしたい時に使います。

この品物が一押し!の場合はこちらがふさわしいですね。

 

3.お奨め

常用外。

意味はお勧めと同義です。

奨励勧奨という漢字にも使われていますね。

会社の数値目標の張り紙などで、見かけたことはありませんか?

ちょっと堅い印象がありますね。

 

おまけにもうひとつ。

4.進める

常用漢字。

前に出す。はかどらせる。

これは意味合いが違うので迷いようがないですよね。

ただ、”おすすめ”の変換候補には入ってきますので、間違えない様にしましょう。

 

「おすすめ」の漢字選択のまとめ

お勧めとお薦めの違いを区別するのがポイントです。

行動を促すためのお勧めか、候補の中から推薦するお薦めか、

違いを意識して使い分けるといいでしょう。

 

因みにこのブログでご紹介しているもの、全てが実体験からです。

心情的には

”楽しいですよ。皆様も○○してみてはいかがですか?

”コレ、良かったですよ。皆様も使ってみたらいかがですか?”

などと行動を促すお勧めになりますね。

 

選ぶのは皆様。

こちらでご紹介している中から、”好きなものをお選びください。”というスタンスも大切にしています。

その意味では、”私の一押しお薦め”となるでしょう。

 

公式ブログではお薦めに統一しておりました。

改めて言葉の意味を調べると、もう少し微妙なニュアンスも表現していきたくなりました。

 - 言葉と漢字の選択