「一度読んだら絶対に忘れない 世界史の教科書」 山崎 圭一 著

   

歴史には物語が一杯詰まっています。
文章サポートライター梨理です。

初めて日本史を習った小学生の時から歴史に夢中になりました。
世界史の授業も楽しみにしていたのです。
ところが、膨大な世界史と受験との関係からだったのでしょう。
残念ながら、学校で習ったのはその一部に留まりました。

教養としての世界史を知りたい、学びたい!

同様な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「一度読んだら絶対に忘れない 世界史の教科書」 山崎 圭一 著


タイトル:一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた
著者:山崎 圭一
出版社: SBクリエイティブ 株式会社
出版年:2018年8月
分類:世界史

題名から書籍を知ったのが先でした。
実は、youtubeの世界では知らない人はいないぐらい、有名な方だったのです。
知らない方のために簡単にご紹介しますね。
ムンディ先生こと山崎圭一氏は公立高校の現役教師。

元教え子から”もう一度先生の世界史の授業を受けたい。”という声から、
youtubeで世界史の授業そのものを配信してくださっています。
こんなこと言われたら頑張ってしまいますよね。
配信動画が500本以上とは、なかなかできることではないと思います。

本書はこの動画を合わせて読むといいですよ。

本書のポイント

  1. ストレスになる年号がほとんど出てこない。
    (受験対策としては、最後に巻末付録で覚えるとよい)
  2. 最初に4つの地域を学び、後にグローバル化していく。
    (地域的特性もわかりやすい。)
  3. 縦ラインが強く、視点はできるだけ固定化されている。
    (流れ、ストーリー的に頭に入る。)

読み終えて

ホールムームの章で、勉強していく全体像を明示しているところがいいですね。

本のタイトル通り、一度読んだら絶対に忘れない位、頭に入ったかというと・・・。
莫大な量なので、正直それは無理な気もします。

でも、この本を使えば、大きな幹を掴むことはたやすくできるでしょう。
2度、3度繰り返し、youtubeも併用する方法もあります。
参考図書にあたる余裕も出てくると思いますよ。

あの言葉の源はココだったのか、という箇所が面白かったです。
例えば”カノッサの屈辱”
教皇に波紋を解いてもらおうと雪の中裸足で3日間立っていた、ハインリヒ4世の逸話から。
(十字軍の後はローマ教皇の権威が落ち、波紋戦術が効かなくなる。
その象徴がアナーニ事件

高校生、受験生はもちろん、世界史を学びそびれた社会人、グローバルな仕事のビジネスパーソンに。
関連する世界史の本も読みたくなる、魅力ある世界史への導入本です。

関連リンク


タイトル:一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた
著者:山崎 圭一
出版社: SBクリエイティブ 株式会社
出版年:2018年8月
分類:世界史

 - ライターの本棚