【万博公園の日本庭園】ハス池に行ってきました

万博公園は広大な敷地内に遊園地・自然文化園・民族博物館などがあります。
この中のどこかひとつだけで1日楽しく遊べる場所なのです。

今回は贅沢にも、日本庭園内のハス池だけにスポットをあてて
6月のお散歩会に行って参りました。
お散歩会のご案内は、月1回のニュースレター内でお知らせしています。

* ニュースレターのご購読はこちらへ

万博公園へはモノレールで

万博公園に行くには色々な行き方があります。
車に乗られる方なら車でアクセスが便利ですね。
駐車場も広くてたくさんありますから。

電車でいく場合。
阪急山田駅からテクテク遠足に行った記憶もよみがえります。
今はモノレールがありますよ。

  • 阪急:南茨木駅・山田駅・蛍池駅
  • 地下鉄御堂筋線:千里中央駅
  • 地下鉄谷町線:大日駅
  • 京阪:門真市駅

各線からモノレールに接続しています。

上から太陽の塔が見えてくるとワクワクしますね。

ハス池で楽しむ象鼻杯とは

さて、万博公園のハス池といえば期間限定早朝開園がありました。
象鼻杯イベントも行われています。

象鼻杯をご存じですか?

蓮の葉の上に穴お酒(水)を入れます。
茎に穴を空けて吸い込んで飲む、という飲み方。

蓮の葉から茎を通して飲む様が、象の鼻のようなので象鼻杯。

涼しそうでしょう。
中国では昔からの暑気払いだそうですよ。

早朝開園と象鼻杯は魅力的な提案です。
蓮が好きな人には毎年人気のイベントで、象鼻杯目ざしてすごーく並ぶんです。

毎月のお散歩会のコンセプトは、のんびりまったり日常を離れての語り合い。
今回はイベント日の混雑を避けて9時半開園スタートです。

MAPを見るとハス池は公園東口が近いのです。
ところが東口が開門するのは早朝開園の日だけでした。
外をグルっと回って日本庭園正面入口へ。

偶然のこんな風景に喜ぶわたしたち。
ちょっとマニアックかもしれませんね。

知る人ぞ知る穴場探検が好きな人にピッタリなお散歩会なんです。

ハス池と東屋

日本庭園正門を入ってすぐ右手の道を歩いていきます。

木立の陰に見え隠れする蓮の大群。

”あ、ハスが見える。凄いね~。”
一気にテンションが上がりました。

万博公園のハス池は小雨でも大丈夫です。
真ん中に大きな東屋とベンチがあるんです。

訪れたのは小雨が降ったり止んだりの日。
たくさんの愛好家が来られていましたね。

至近距離でハスやスイレンを眺めたり、写真を撮ったり。
その後東屋のベンチに座りました。

振り返るとこの時間、一番時間がゆったりと流れていた様な気がします。

四方をハスの大群に囲まれた中に居る私たち。
その空気が心地良く、全身蓮シャワーを浴びている感じ?

すずめたちも近くまで寄ってきたりして。

蓮の花を見に行く、という目的意識では味わえなかったでしょう。

蓮の大群の内に身を委ねた、心と身体へプレゼントな1日でした。

関連リンク

* 蓮とたわむれる姿がカワイイ。
お散歩会参加者様の記事です。
”蓮さんに会う♡お散歩会に行ってきました”

 もっと蓮のことが知りたくなって読んだ本です。
多数の執筆者による専門的な視点のお話が面白かったです。

「蓮の文華史

* お散歩会の最新情報はこちらでお知らせしています。

* 万博公園 HP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です