【北鎌倉】葉祥明美術館 訪問記

   

7月のお散歩会は、北鎌倉の葉祥明美術館に行って参りました。

文章サポートライター梨理です。

アクセスは、JR横須賀線の北鎌倉駅から徒歩7分。

外国人観光客と地元高校生が半々ぐらいの北鎌倉駅のホーム。

なんだかほっこりした始まりでした。

目的の美術館は、駅前の円覚寺北鎌倉古民家ミュージアムを経て、

紫陽花で有名な明月院へ行く手前に位置しています。

犬のジェイクから10のお願い

入り口の前でお出迎えは、犬のジェイクくん。

有名な作者不詳の英文詩、”犬の十戒”をご存じですか?

飼い主に望むことを犬の立場で語りかけた詩です。

 

一軒家に見立てた可愛い美術館の1階は、

犬のジェイクのキャラクターが表現する、”ジェイクから10のおねがい”

絵本原画展示のお部屋になっていました。

”あなたにはあなたの仕事や楽しみもあり、友達だっているでしょう。

でも、私にとってはあなたがすべてなのです。”

飼い主を待つ、健気な犬の気持ちを感じるコーナーでした。

美術館でお花見2018!フラワーイベント・紫陽花

この美術館は、画家で詩人の父・優しい母・10歳のリラちゃん・5歳のクロードくん。

この4人がかつて住んでいた洋館という設定です。

紫陽花のフラワーイベントで全館を彩り、

2階の常設展示では、家族4人のお部屋のコンセプトの中に、

それぞれふさわしい絵本や本が配置されていました。

 

葉祥明氏というと、一般的にはメルヘンな作風をイメージされると思います。

メルヘン的な可愛らしさの表現の奥にある、平和や自然保護への骨太なメッセージ。

それは、2階に置かれている著作本からもうかがい知ることができました。

 

個人的に気に入った絵は、2階にある幻想的な熊本の絵でした。

熊本には、姉妹館:葉祥明阿蘇高原絵本美術館があるそうです。

吹き抜ける風を感じる、高原の中の美術館も素敵ですね。

 

こちらでは、1年中企画展や各種イベントがあり、こまめにWEB上発信もされています。

何度もリピートできる工夫がされている美術館と感じました。

1階ミュージアムショップは無料ですので、気軽に立ち寄ることもできます。

ゆったりと時間が流れる北鎌倉の半日でした。

*記事内容は訪問時のものです。
最新情報はHP等を直接ご確認ください。
記事の写真や本文の著作権は放棄しておりません。

関連リンク

* 北鎌倉 葉祥明美術館 HP

HPに割引入場券もあります。

 - 愛・LOVE・ブログ会, 緑と庭の訪問記