よろこびー言葉と漢字の選択

   

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。

その選択理由は、常用漢字であったり長年の勘であったり様々ですよね。

文章サポートライター梨理です。

別に文学者でなくても、一人前の社会人として適切な言葉を使いたいもの。

この気持ちにピッタリな言葉は何だろうと迷うことはありませんか?

そんな言葉と漢字の選択を探ります。

よろこび

よろこび。

いい言葉ですよね。

学校で意識して習ったのは”喜び”だけだった様に思いますが、

実際に伝えたいと思う時、なんとなくこの漢字ではないと思う時もありました。

違いを調べてみました。

1.喜ぶ

常用漢字。

一番オーソドックスですね。

嬉しく思う。楽しく思う。

手元のコンパクトな広辞典で、項目はこの漢字のみ採用されていました。

2.慶ぶ

常用外。

新年のお慶びやご結婚のお慶びなどに使われています。

ニュアンス的にはめでたい気持ちですね。

慶事・お祝いの意味合いが強いです。

3.悦ぶ

常用外。

昔の小説ではよく見かけましたが、日常文章ではあまり採用されていませんね。

どんな意味合いかは、”悦に入る”という言葉が端的に表しています。

ひとりでひっそりとよろこんでいる様。

”悦楽”という熟語もありましたね。

4.歓ぶ

常用外。

お伝えする内容によっては、この漢字を使いたくなるのですが、

どんな意味が込められているのでしょうか。

”歓声”という言葉もあります。

にぎやかに大勢で喜ぶニュアンスです。

みんなで、沸き起こる歓喜の渦(ダンスパーティ状態)の時に、

”歓ぶ”という字を選びたくなるのだと得心致しました。

 

全てを網羅しているのは、”喜ぶ”という常用漢字。

これを選んでおけば間違いはありませんが、

微妙なニュアンスを込めたい時は、使い分けを楽しみたいですね。

私たちは、豊かなひらがな・カタカナ・漢字を持っているのですから。

 - ライティング