お客様がサロンに別れを告げる時(2)

   

前回は、休業している間に長年通ってくださったお客様が来られなくなった。

悩めるサロン様に向けてお客様側の離れる理由、本音をお伝えしました。

文章サポートライター梨理(りり)です。

理由の大半は致し方ないものでした。

今回は配慮があればお客様を失うことを防げたケースです。

 

この記事は、個人の癒しサロン、隠れ家サロンに通い続けて20年超のライターが

お客様側の気持ち、本音をお伝えします。

 

お客様との波長が合わなくなる

最初に「お客様が離れることは悪いことではない」というのは大前提です。

確かにあんなにも通い続けてくださったお客様が、ある日を境に来られなくなる。
それはつらく寂しいことですよね。

セラピストとしてお客様のために向上し続けているならば。

その過程で技術が磨かれたり、全く新しい分野をスタートさせたりすることもあるでしょう。

新しく始めたものが今のお客様の求めるものでなかったら?

そこは潔く諦めましょう。

 

お客様との関係で一番良くないのは、ミスマッチなのに未練がましく続けることです。

双方に不満がくすぶったままになっています。

お客様層が変わる時期だったのです。

今までのお客様が離れてもきっと新しいお客様が入って来られます。

あなたが真摯に求め続けた答えなら信じて貫いてくださいね。

 

これはいわば「お客様との前向きな別れ」です。

お客様は優しさから本当の理由は言われないかもしれません。

双方で薄々は波長が合わなくなったと気づいているものです。

 

またご縁があればいつの日か交わる日が来るかもしれないし、来ないかもしれない。

それでいいではありませんか。

 

メニュー変更には細心の注意を払って

セラピストさんが新しい技術や分野を取り入れたとして、
今までのお客様のニーズと微妙にずれてきたとします。

サロン側の配慮があれば防ぐことができたと思われるケースです。

お客様側の声をふたつご紹介します。

古くからの常連のお客様の嘆き

定期メンテナンスで通っていたお気に入りサロンです。

当たり前のようにいつものメニューをお願いしました。

「もう〇〇はやっていないんですよ。
今は△△になりました。」

と言われたのです。

いつの間にかメニューが変わっていました。

せめて事前に言ってほしかったけれど無理だったのでしょうか。

サロンを選んだ理由だったメニューが、事前案内もなく他のメニューに変わっていたそうです。

 

馴染みかけた新しいお客様の悩み

サロンに通うようになって数回目ぐらいの時でした。

施術の時に新しいメニューを追加されました。

「〇〇しておきますね」

と言われたんです。

新しくできたオプションだったみたいだけれど、
私は知りませんでした。

後で追加料金を請求されたのです。

こちらからお願いした訳ではないのでびっくりしてしまって。

これからずっとお願いしたいと思っていたのに残念です。

このお話の後日談もうかがいました。

別のサロンで真逆の対応を受け、釈然としない想いが蘇ってきたのだとか。

 

ふたつの事例には共通する問題点が浮かび上がっています。

端的に言ってしまえば、お客様への説明責任が足りないということです。

 

最近は少なくなりましたが、昔の美容室ではよくこんなことがありませんでしたか?

「ご一緒に〇〇トリートメントもしておきましょうか?」

シャンプー台でまな板の鯉状態の時に訊かれると断りづらいですよね。

もし、してもらってもいいと思ったとしても値段はわかりません。

美容室では最初のカウンセリングで希望スタイルとそれに伴う施術料金を
先に明確にお伝えするのが当たり前になってきています。

 

今もそのあたりが、個人オーナーの癒しサロンさんは甘い印象です。

セラピストさん自身に悪気がないのが問題に気づかない原因ですね。

内容変更やメニュー廃止は自分次第。
それが習性となり、全てが自己完結してしまっているのかもしれません。

お客様にも予算や時間の都合があります。

施術の時間をオーバーして気軽に料金を上乗せしていないでしょうか?

事前に明朗会計を示すのは、お客様に信頼される基本中の基本です。

 

この記事では、癒しサロンに通うお客様からうかがったお話を一般化して執筆致しました。

個人サロンのオーナーさんは意外に気づきにくいところだと思います。

振り返って何か参考になるところがあれば幸いです。

 

個人の癒しサロン専門のライティングサービス

お客様がサロンを選ぶのは、サロンのコンセプトを支持する意思表示でもあります。

当サイトでは「サロン訪問記」で自由取材の形を取り、個人サロンさんを応援しております。

当方のライティング作成サービスは、個人の癒しサロン・講師業の方に特化しています。

3つの文章サポートサービス

  1. インタビュー(聴く)
  2. リーディング(読む)
  3. ライティング(書く)

ご自身の言葉で文章を紡ぐための文章サポートサービス。

お仕事インタビュー、ブログリーディングは全てのフリーランス、個人事業者さんのために。

その先にあるライティングメニューは

真面目で職人肌で、本業は凄腕なのに自分語りは苦手な方のための
ライティング作成サービスです。

個人のセラピスト、ボディワーカー、インストラクター、講師業の方が対象です。

詳細はコチラをご覧下さいね。

ライティングサポートのご案内

\職人肌の個人サロンさん専門ライティングサービス/
お申込みはコチラへ

現在の人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

アクセスバーズ 2
アクセスバーズ(Access Bars®)は語らない

アクセスバーズ(Access Bars®)を知ったのは2015年3月。 キャッチ ...

3
フリーランスの開業届|副業の場合はいつ?

副業フリーランスの方、開業届を出す時期について迷ってはいませんか? 副業で利益が ...

4
アクセスフェイスリフト実体験&ご感想まとめ

心と身体に良いものを探求してきました。 心と身体の繋がり探求ブロガーの梨理(りり ...

5
CHAKRA白川千穂さん|人見知りでも人が大好きインタビュー(12)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第12 ...

 - ライティング(書く)