「お勧め」「お薦め」「お奨め」どう使い分ける?|言葉と漢字の選択

   

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。

その選択理由は、常用漢字であったり長年の勘であったりと様々ですよね。

文章サポートライター梨理です。

 

別に文学者でなくても、一人前の社会人として適切な言葉を使いたいもの。

この気持ちにピッタリな言葉は何だろうと迷うことはありませんか?

そんな言葉と漢字の選択を探ります。

今回取り上げる漢字は「おすすめ」(お勧め・お薦め・お奨め)です。

「おすすめ」する漢字に迷う

「おすすめ」という言葉に対して漢字はいくつかあります。

ブログやSNS、パンフレットやちらしにも使われている機会は多いですよね。

いざ使う時、どの漢字を選ぶか迷うことはありませんか?

 

むかしむかし、個人的に良いと思うことを価値観の合う方に紹介するブログを始めました。

その頃は「お勧め」の漢字を多用していましたね。

「おすすめ」にピッタリの漢字とは。

改めて、どんな時にどんな漢字を使うのがふさわしいのか見て行きましょう。

1.お勧め

常用漢字。

  • 励ます
  • 誘って仕向ける

手元のコンパクトな辞書では(奨める)ともありました。

お誘いするとか、促すとかいう意味合いが入っています。

熟語の「勧誘」「勧告」にもこの漢字が入っていますね。

相手の行為を促す時に使う漢字なのですね。

 

2.お薦め

常用漢字。

  • 推挙する
  • 推薦する

たくさんの候補の中から、良いモノをおすすめしたい時に使います。

「この品物が一押し!」などと使うの場合はこちらがふさわしいですね。

 

3.お奨め

常用外。

意味はお勧めと同義です。

熟語では「奨励」「勧奨」という言葉もありますね。

会社の数値目標の張り紙などで見かけたことはありませんか?

ちょっと古めかしい、堅い印象がありますね。

 

おまけにもうひとつ。

4.進める

常用漢字。

  • 前に出す
  • はかどらせる

これは意味合いが違うので迷いようがないですよね。

ただ「おすすめ」の変換候補には入ってきます。

うっかり間違えない様にしましょう。

「おすすめ」の漢字選択のまとめ

「お勧め」「お薦め」の違いを区別するのがポイントです。

行動を促すためのお勧めか、候補の中から推薦するお薦めか、

違いを意識して使い分けるといいでしょう。

 

ちなみにこのブログでご紹介しているものは、全て実体験からです。

心情的には

”楽しいですよ。皆様も○○してみてはいかがですか?

”コレ、良かったですよ。皆様も使ってみたらいかがですか?”

などと、行動を促す「お勧め」になりますね。

 

また、実際に選ぶのは読まれた皆様。

ご紹介している中から”お好きなものをお選びください。”というスタンスも大切にしています。

その意味ではお薦め」の漢字がふさわしいでしょう。

 

ブログやフライヤーなど、身の周りで何かをおすすめする機会は意外に多いです。

微妙なニュアンスを表現する時の参考にしてくださいね。

関連図書など

★ 究極のおすすめ本といえば書評本です。
書評本は世界を広げるのに最適。
自分だけでは見つけられない本と出逢うことができます。

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

人気記事

1
「喜び」「歓び」「慶び」「悦び」どれを選ぶ?|言葉と漢字の選択

私たちは普段モノを書く時、無意識に言葉や漢字を選んでいます。 その選択理由は、常 ...

2
イメージコンサルタントれいかさん|人見知りでも人が大好きインタビュー(11)

文章サポートライター梨理による、魅力ある方々勝手にインタビューシリーズ。 第11 ...

3
安らぎと幸せに包まれるアクセス・フェイスリフト

アクセスのフェイスリフトが大好きでファシリテーターになりました。 2021年1月 ...

4
他人の意見を拾って自分のものにしていませんか?

10年来の友人と久しぶりの再会で。 昔話ではなく、今の話に共感できた経験は皆様あ ...

読書 5
文章力・語彙力UP!人を動かす言葉の選択|発信する人に頼りになる本まとめ

SNSを完全に封印している人は少なくなりました。 苦手なのに仕事上でSNS発信す ...

 - 言葉と漢字の選択