”フェイスリフトはツカワナソン”ー新米プラクティショナーのつぶやき

   

習い事をモノにする方法をご存知ですか?

セッションを受けた後の過ごし方について記事に致しました。
アクセスバーズ&フェイスリフト&アクセスボディプロセスのファシリテーター梨理です。

講座を受講する場合はどうでしょうか?

講座の価値は受けた人によって変わります。

講座の価値を決めるのは

私自身、たくさんの習い事をしましたけれど、
モノになったもの、その場限りのものに分かれています。
結局、どれだけ情熱を注げたのかということにも繋がるのでしょう。

習ったことで満足したもの、お家に帰ってまで練習したいと思わなかったものは、
お客さんのままで終わっていますね。

興味があって一度体験したかった、ということも多いのです。
幅広い体験はブログネタにもなりますから、ムダにはなりません。

習い、復習し、実践したものについては、そこそこモノになっています。
継続したものについては、人様に伝える側になっていますね。

クラス受講後に気を付けるとイイコト♪

私にとってアクセスバーズは、講座後に実践できたカテゴリーに入りました。

何故か、まずは100回やってみよう!と思えたのです。
講座のマジックかも?)

100回を超す頃にはなんとなく要領もわかってきました。
周りの方の変化を見るのが楽しくて。
自分自身も変わっていったのでしょうけれど、
それはごく自然だったので、あまり自分ではわかりづらいですね。

人様の変化の方が客観的に見ることができるんです。

そんな経験から、クラス参加者様には、帰ったその日の晩から実践をお薦めしています。
楽しいクラスの気分を持ち帰ったまま、実践生活に突入すると、
スムーズに流れに乗れる様に思います。

アクセスバーズ講座終了後に、アクセスバーズプラクティショナーになります。
もう人様にして差し上げるのはOKとなるのです。

既にセラピストさんだったりすると抵抗がないのですが、
初めてのボディワーク系に尻込みする方が多いです。

ファシリテーターの役目は、
それでも大丈夫なことを、伝え続けることかなと思っています。

アクセスバーズプラクティショナーになりたての方からの、素直なお声はこちらに書きました。

* ”バーズって知らなかったのに”-新米プラクティショナーのつぶやき”

フェイスリフト講座を受講して

アクセスバーズプラクティショナーとしては2年以上経験がある方が、
フェイスリフト講座を受けた時のお話です。

同じアクセス コンシャスネス(Access Consciousness®) の中のツール(道具)ですから、
共通点、似ている点は多々あります。
それでも当然、フェイスリフトならではの初めてな部分がありました。

お家で初めて家族に実践された後のお声です。

顔を触っている間、ずっと爆睡してました。
終わった後に、目をパチパチしている様子が赤ちゃんみたいで・・・
つまり、若返ったということ?

手の位置がアクセスバーズより簡単ですぐ覚えられると思う。

アクセスバーズがあるから要らないと思っていたけど、明らかに違う。
本当、コレは使わなソン。

フェイスリフト講座を受けて良かったです。S様)

アクセスバーズだけで充分満足されていた方のお声でした。

個人的一押しメニューのフェイスリフトも、
気に入っていただけて良かったです。

フェイスリフト講座を受けた後、愛用されている方の特徴です。
終わってすぐ、わからないまでも実践していること。

講座内容を自分に落とし込む反復練習が大切なんですね。

習い事の価値を決めるのは自分です。

 

* セッション後の過ごし方

* アクセス・フェイスリフト 観察まとめ

お申込はコチラ

 - アクセス・フェイスリフト講座 , , , ,