情報は既にある 後は受け取るだけ

   

好奇心旺盛なのは、ライターの特性かと思っていました。

文章サポートライター梨理です。

先日、”好奇心は、経営者に必須な資質なんですよ。”と教えていただきました。

何でも体験してみたい気持に、お墨付きが付いた様で、

気を良くしております。

20160909084259.jpg

この秋も、興味のある分野の、ワークショップや講座に参加していこうと、

張り切っております。

そうは言っても、イレギュラーな予定は、

どうしても隙間に埋め込んでいく形になりますよね。

今、参加したくても実際に申込みしていない講座は、3つ

 

何かを手放すかお休みしないと、新しいものを入れる余地がない典型です。

 

楽しみなことなのに、宿題を抱えている様で、

気分も身体も、ずーんと重くなってくる感覚が不思議。

こんな時にも、心と身体の連動を感じますね。

 

そんな所に、新展開?がありました。

  • 注目講座と、自分の中での旬な本との、関連を知ったこと。
  • 読もうとしていた本の、感想と実践を聞いたこと。

必要な情報は、既に目の前のテーブルに並べられていて、

後は自分が手を伸ばすだけ、の状態だったんです。

 

その時、自分以外のものに気を取られていると、

自分にとっての重要な情報を、見逃しているかもしれませんね。

その情報は、いつまでもテーブルに載っている訳ではありません。

 

気づかせてくれるのは、いつも、友人の言葉・言動です。

幸運は、周りの人が運んできてくれるものなのですね。

 - 徒然