【生駒市】タイ古式サロン OMOONNAUT(おーむんなーと)さん

   

生駒山の山裾にある隠れ家サロン、 OMOONNAUT (おーむんなーと)さん。

セラピストの北井じゅんこさんは、2017年2月に1カ月のタイ古式留学されていました。

どんな手技を深めてこられたのか楽しみに伺いました。

 

サロン訪問記は、お近くで信頼できるサロンをお探しの方のための、カテゴリーです。

文章サポートライター梨理が、個人的に訪れた訪問記録をまとめています。

最新情報は、サロンのリンクからご確認くださいね。

 

お遍路さんの体験から

じゅんこさんは、若き20代の頃にお遍路さんを体験したことがあるそうです。

その時、お遍路仲間と毎晩リフレクソロジーしていたのが、

ボディワークに目覚めたきっかけとか。

その後1年間整体を学ばれたのが、現在のタイ古式に繋がっていくのですね。

ボディワーク歴は20年を超える、根っからのボディワーカーさんです。

 

整体ベースのタイ古式テクニック

リピーター様も多い、人気セラピストのじゅんこさん。

なぜ、タイ古式に興味を持ったのがお訊きしました。

 

お客様の固まっている部分を、もっと伸ばしてあげたい気持ちから、

整体ではありえないストレッチができる、タイ古式に惹かれたそうなんです。

そういえば、タイ古式を表現するのに、

”ふたりでするヨーガ”という言葉もありますよね。

 

既にタイ古式ではベテランの域なのに、今回本場に留学された理由も、

もっとたくさんの手技を学んで、お客様の身体に役立てる為にだそうですよ。

目指すのは、タイ古式の技の完成というよりも、

お客様の身体がどれだけ緩まり、施術後も楽な状態が続くことに貢献できるのか、

という探求にあるのですね。

現在、タイ古式以外の手技も探求中とうかがいました。

 

実は私、たくさんのボディワークを受けてきた中でも、

タイ古式はかなりのお気に入りだったんです。

じゅんこさんのタイ古式でどう変化するのか、とても楽しみにしていました。

単純に、ココをもみほぐせば満足感が高いという、ツボ的箇所があるそうです。

しかし、それだけでは他の筋肉が引っ張ってしまい、元の木阿弥になってしまうのだとか。

 

滞りのポイントを見つけてはほぐし、思いがけない(ありえないほどの)方向にまで、

ストレッチをかけていくじゅんこさん。

私はありがたく身体を委ねるばかりでした・・・。

 

後でお訊きしたところ、

じゅんこさんご自身のタイ古式が好きなところは、際の際まで行くストレッチだそうです。

目先のラクさを求めず、施術後も快適な動きやすさを求め、

日々技を磨く、職人肌のタイ古式セラピストさんでした。

 

生駒山のふもと、隠れ家サロン

屋号の、OMOONNAUT (おーむんなーと)さん。

漢字では桜月とあり、珍しいと思ってお伺いしましたら、じゅんこさんの造語なんだそうです。

ご両親のお店の屋号の流れをくみ、大好きなシバ神様のお名前と組み合わせたそうです。

一度聞いたら忘れませんよね。

OMOONNAUT (おーむんなーと)さんは、

うまくタイミングがあったなら、訪れることができる不思議な空間。

生駒山の静かなふもとにあり、都会の喧騒とは無縁です。

窓からの風も気持ちが良いですね。

少し登れば宝山寺の参道にも繋がっています。

 

サロンメニューには、筋肉を緩ませるアプローチとして、

タイ古式の他にオイル施術もあります。(寒い時期はお休み)

しっかり施術・リラックス重視、どちらでもお好みで♪

こちらからのアプローチも密かに人気だそうですよ。

参考リンク

* OMOONNAUT(おーむんなーと)さん  HP

営業時間:12:00~22:00(19:30受付終了)

火・日お休み

生駒駅から車で5分。

送迎していただけます。

 - サロン訪問記 , ,