「夢をかなえる人のシンクロニシティ★マネジメント」ー読書案内

   

心と身体に心地良い本をご紹介している、文章サポートライター梨理です。

今回の本はタイトルが絶妙だと思いました。

シンクロニシティという言葉に、あなたはどんな印象を持ちますか?

ある分野の人々にとっては、日常当たり前に使われている言葉でしょう。

また、この言葉を連発されると、若干引き気味に眺めている人々もいるかもしれません。

シンクロニシティとは、意味のある偶然の一致のこと。

心理学の大家ユングによって広められた概念なんですね。

 

「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」 堀内 恭隆 著

出版社:サンマーク出版

出版年:2017年5月

分類:超心理学

この本は、シンクロをマネジメントするメソッドを開発した著者の本です。

早速読んでいきましょう。

個人的エッセンス

  • 潜在意識は、意識の100万倍以上の情報を処理している。
  • 自分の意図と関係なく行動したほうが、出会いが広がる。
  • ニセモノの願いを現実化してもどこか違和感がある。
  • 体・心・魂のセンサーでシンクロ・フィールドに繋がる。
  • 体のセンサーは快・不快。自分にとって必要なものがわかる。
  • お金を使う制限は自分の価値への制限である。
  • 過去の逆境を乗り越えての今。現実が手に負えない時は器が大きくなる時

読み終えて

シンクロニシティをマネージメントしてくという発想。

それだけに集中してしまうと、周囲との軋轢を生みかねません。

その危うさを、自分自身を生きる人生と、自分さえよければいい人生とは違う

と解説している章が良かったですね。

たとえば、夜中にインスピレーションが起きたからといって、

その相手に即電話するかという問題です。

 

インスピレーションを現実社会に調和させていくマネジメント

この本で初めて、シンクロニシティという言葉を知った方にも、

活用しやすい本ではないでしょか。

 

個人的には、毎晩、イメージで捨てていくぽいぽいワークには、

ここまで捨てていくのかと驚かされました。

目標管理型の成果に限界を感じる方に、発想の転換になり得る本です。

書誌データ

* 夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

出版社:サンマーク出版

出版年:2017年5月

分類:超心理学

 

 - ライターの本棚