「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」-読書案内

   

フリーランスは、ひとりで全ての仕事を完結させる実務能力が必要です。

文章サポートライター梨理です。

文系フリーランスにとって苦手なものは、

数字・お金の分野ではないでしょうか。

ある程度は専門家に任せるとしても、最低限の知識は必要ですよね。

本日はそんな方にぴったりの本です。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」 山崎 元/大橋 弘祐 著

タイトルが親しみやすいですね。

これならお金の初心者でもなんとかなるかも、という期待を抱かせてくれます。

構成は、お金の初心者が専門家に質問していく、Q&A方式を膨らませたもの。

素朴な疑問があり、親しみを持って読み進められますよ。

初心者が最低限知っておくといいこと

 

お金の専門家でも、予測というのは難しいものだそうです。

初心者向け予備知識から、一部をピックアップしてみました。

本の中で、わかりやすく懇切丁寧に説明があります。

初めて知ったという方も充分理解できますよ。

  • 個人向け国債(ベストではないが無難な商品)
  • 72の法則(72÷利率=2倍になるまでおおよその年数)
  • 外貨預金(金融知識のない人におすすめできない)
  • 投資信託(リスクが分散される詰め合わせ)
  • インデックスファンド(指標に連動して機械的に運用)
  • 資産形成(ランニングコストを意識)

NISA口座を使おう

株式売買には約20%の税金がかかります。

NISA講座はひとり1口座投資額120万円まで、5年間非課税です。

(2017年8月現在)

  • 資産分散してから、投資額を決める。
  • 運用イメージを持ち、見通しを持つ。
  • 買い足す時はリバランス。

確定拠出年金を使おう

個人で投資して年金を作り出す、積み立て貯金にイメージです。

フリーランスには魅力ある制度で、

利益に対して非課税なので、使わないともったいないですね。

色々なタイプがあり、会社員の方は使えるか確認が必要です。

始まったばかりの制度なので、今後の動向も要チェックですね。

最後のまとめ

最強の保険のお話を読む頃には、

お金を運用する怖さがなくなってくることでしょう。

最後の、生徒のまとめ(これから実行すること)と

先生の後書きまで親切な本です。

 

2015年刊行なので、この本で基本を知った後は、

最新の金融情勢を確認してくださいね。

書誌データ

* 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

出版社:ビジネス社

出版年:2015年11月

分類:企業・経営

 - フリーランスの基礎知識, ライターの本棚 ,