「世界一美味しい煮卵の作り方」 はらぺこグリズリー 著

   

今日はブロガーさんの書籍本のご紹介です。

ブロガーさんの本とは知らず、表紙の煮卵写真に釘付けになりました。

また、タイトルの付け方も上手いですよね。

文章サポートライター梨理です。

「世界一美味しい煮卵の作り方」 はらぺこグリズリー 著

副題:家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ

著者:はらぺこグリズリー 著

出版社:光文社新書870

出版年:2017年2月

分類:料理

 

調味料は市販の麺つゆなどを使うなど、ハードルは高くありません。

ひとり分のご飯は、どうしても手抜きしてしまいがちですが、

身近にあるものでできる様に設定されています。

 

ニンニクの登場回数が多い様に感じました。

若い方向き、初めての自炊本としても親しみやすいと思います。

個人的に作ってみたいレシピ3

  1. 世界一美味しい煮卵。
    実際に作ると半熟と固ゆでの間位で美味。
  2. 絶対に失敗しない生チョコ。
    意外にお砂糖は入っていないんですね。
  3. 激安もやしお好み焼き
    もやしのみで作るという発想がなかったので。

まだ煮卵しか作っていないのですが、どんな味になるのか興味があります。

中には、味が想像できる材料のレシピもあるのですが、

いつも作っているものとは別物ぐらいに、できあがり写真が美味しそうなんです。

この通り作ったらどんなものが完成するのか、作る意欲が湧きますね。

読み終えて

時々登場する、くまさんイラストのひとことも箸休め的でリラックスできます。

スープの具材は小さめに切る、などワンポイントが載っています。

 

コンセプトのそこここに、ブロガーらしいマニアックな香りを感じました。

書籍化するにあたり、

  • 使えるレシピを厳選したこと。
  • ブログ未公開レシピを盛り込んだこと・・・等々。

元々がブログで無料で読めるものだったからこそ、

損はさせない本にという、筆者の意気込みが伝わりました。

コンパクトな新書版なのに写真も豊富で、手順がシンプルなのも使いやすいです。

書誌データ

* 世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)

副題:家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ

著者:はらぺこグリズリー 著

出版社:光文社新書870

出版年:2017年2月

分類:料理

 - 身体喜ぶ 超簡単レシピ, ライターの本棚