「人生を踊るように生きて行こう」ー読書案内

   

本日の本は、心と身体に役立つ本です。

タイトルが、個人的信条と一致していました。

”人生を踊るように生きて行こう”

というものですから。

 

今回の選択理由は、

個人的趣味嗜好寄りであることを、お含みくださいね。

「人生を踊るように生きて行こう」 横森 理香

副題:更年期なんてこわくない!

出版社:方丈社

分類:日本のエッセイ

 

タイトルは踊り心をわくわくさせ、装丁も美しいですね。

手に取りたくなる本です。

美しく齢を重ねていくための、実用的かつ具体的なヒントもいっぱいです。

 

今回は、個人的嗜好エッセンスにまとめました。

食のエッセンス

*グルテンフリー健康法について

肥満より怖いのが脳の炎症。

パールマター博士によれば、アルツハイマーや心の病気の原因になると。

*油の常識

オメガ3や6は大切な栄養素。

細胞内に溜まった化学物質をクレンジングする。

ワークバランスのエッセンス

*まずは自分の健康と幸福感と心の充足感を。

自分を敬う気持ちで生きて行く。

人生を分かち合う

*実際に会うことは、エネルギー交換の場。

*それぞれの価値観を分かち合える場を自分で作る。

*1日に1回はお出かけの機会を作ろう。

*稼げる「金額」以上のものが「仕事」にはある。

*人と会うために仕事をする。

命のダンスのエッセンス

*もともと自然なものであったダンスが、

振り付けやテクニック重視の習い事になってしまっている。

*踊る気持ち良さを味わったらやめられない。

心身の調子が一気に整い、幸せ感が増し、生きているのが楽しくなる。

*ファイブリズムズ創始者は、

「人類から踊りがなくなってから、現代病が生まれた」と。

*踊りは人生と同じ。分かち合うもの。

*女性に生まれた肉体を寿ぐ。

*踊りは「天」と「地」のエネルギーを通し、浄化しエゴを取り去るところから始まる。

ただのエネルギーを通す「筒」になる。

神聖なるパワーを、地球上の生きとし行けるものに捧げる。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の読書案内は、プライベートブログで時折語っております、

踊りへの想いと共通する点も多かったので、

プライベート寄りなご紹介とさせていただきました。

もし、あなたの耳に音楽が聴こえてきたら、自由に踊ってみてくださいね。

 - ライターの本棚